--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.09.04 (Mon)

『ICB』 11th Album♪

ふ~、間に合った~(;´∀`ヾ)

はいは~い、今回もまたICBの時間がやってまいりましたよ~(●´∀`●)ノ
週一更新にするといっておきながら、早速書いてしまうという・・・;
いやでもね、これが11月12月になったら、もっとICBに参加できなくなっちゃいそうだな~・・・と思ったので、今のうちに参加しておこう!と思った次第でありますっ。
ICBも10回を越え、11回目ですね!!
今回のイラストはコチラ↓

ICB11



なにやら、大爆発が起きていますぞ!!
一体何が起こったと言うのでしょうか・・・。

・・・時代とか超絶無視してますが・・・いつものことだよねww(ぁ








蜀軍一行は大平原に来ていた。
何でも今日は、戦闘訓練というか試作品を試そうと言う事らしい。
その試作品、一応機能するかの試しはした。
が、それが本当に敵を相手にしたときに効くのかはまだ分かっていない。
と言うわけで、今日は本当に敵相手に使ってみるそうだ。

劉備「よしっ!これを成功させて、Ver.UP後も蜀漢の時代を作り出すぞ!!
一同「オオォォォオ!!」

皆気合い十分である。


ところで、その試作品とは何かというと・・・
話は2、3日前に遡る・・・。





【More・・・】







蜀では会議が繰り広げられていた。
間近に迫ったVer.UPに向けての会議だ。
槍撃が弱体化し、弓が強化するため、天敵である呉に対抗するにはどうしたらいいのか、と言う事だ。

劉備「俺ら槍が、弓にどう対抗するかが問題なわけだが・・・」
ホウ統「私たちの防御力を上げるか、弓を撃たせないかのどちらかだな」
徐庶「前者は難しいと思いますな。3すくみと言うのは一応変えられないものですし」
劉備「そうか・・・撃たせないようにするのが確実か。姜維!」
姜維「はい!私が引っ張りましょう」
ホウ統「ですが・・・連発もできないでしょう。遠弓麻痺矢とかに当たれば姜維殿とて近づくのも大変ですし、麻痺矢は効果重複するらしいですし」
張飛「それはムリゲーじゃねぇか?」
劉備「いや!俺たちは漢王朝復興のため、何者にも勝たなきゃいけねぇんだ」
関羽「さすが兄者!!」

劉備「とは言ってもなぁ・・・どうすっかなー・・・」
徐庶「士気は使わず、なるべく相手に近づかずに弓を撃たせなくする方法・・・?」
姜維「そんなのあるんでしょうか・・・」


全員が俯いて考え込んでしまった時、そんな雰囲気をぶち壊すような場違いな声が聞こえてきた。


「亮ち~~ん♪みてみて~!新しいからくり作ったよ~v」

その台詞に一同声の主、黄月英の方を向く。

諸葛「今度は何ができたんですか?」
月英「えへへ♪これ~!」
そう言って月英が差し出したのはなにやら丸い鉄球のようなもの。
諸葛「これは・・・まさか!」
月英「そうだよん♪これを遠くの方に投げるとね、地面に落ちた時の衝撃で、

 どっかーーーん!!

ってなるんだよ!」
諸葛「火薬、というやつだな」



一同「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ホウ統「あれだな」
徐庶「あれですな」












と言うわけで、ここにやってきたのだ。

これを、陣を敷いている呉軍へ投げつけてやろうと言うちょっとセコイ方法だった。
これなら相手武将を撤退させられるかもしれないし、爆発に巻き込めなかったとしてもそれを避けるために移動せざるを得ないだろう。
つまり、弓が撃てない、という寸法だ。


劉備「よし!早速呉軍様がやってきたみてぇだ!COM相手の練習では大丈夫だったんだ!本番でも絶対勝利して徳増やすぜ!!」
劉備の掛け声に皆が力強く頷いた。

ちなみに、今回出陣メンバーは、
SR劉備、R張飛、R徐庶、R姜維
というなんともテキトウなメンバーだ。

そして、相手は
SR呂蒙、R周瑜、槍R孫策、UC小喬
というなんとm(略

劉備「なんだ、呉といっても結局弓が2人しかいねぇな」
徐庶「まぁ、あくまで鉄球が実践で使えるかを試す試合ですから、使ってみましょう」
張飛「で?その球を結局どうやって使うんだっけ?」
姜維「たしか、敵側に投げるだけ、でしたよね。地面についた時の衝撃で破裂するとか・・・?」
劉備「翼徳、適任じゃねぇか!!これをなるべく遠くに投げ入れてきてくれ」
張飛「しゃぁぁぁ!!任せろ兄者!」

張飛は劉備から鉄球を受け取ると、
張飛「でぃあぁぁ!燕人張飛、ここにありぃぃぃぃ!!!
思いっきり投げ込んだ。

いつもの蜀軍の動きと違う事に気付いた周瑜と呂蒙の軍師二人。
前には出て行かず、様子をうかがう。

すると・・・
張飛が投げた鉄球が凄い速さで向かってきた。
そして、陣を構えてる呉軍一行の目の前で・・・











 ポ ト ・ ・ ・ 









と落ちた。

蜀一行「なにぃぃぃぃぃぃいいいいい!?!?!?

劉備「なんで!?なんで爆発しねぇんだ!?」
張飛「俺・・・強く投げすぎたのか?」
徐庶「そんなはずは・・・不良品か?」
姜維「そ、そんなことより、爆発しない今、この阿斗後どうするんですか!?」

皆で押し問答していると、

周瑜「なんだ、心配して損したな」
孫策「ああ。蜀は俺らにとってはお客さんだぜ!」
呂蒙「ここは麻痺矢号令で近づける事さえできなくさせてやろう」
小喬「お手伝いします」

余裕綽々の呉軍の人々。
それを見た劉備は不機嫌そうに呻いた。
劉備「ちくしょー、ぜってぇ上手く行くと思ったのにー・・・もうこうなったらあれだ!徐庶!!あいつら、特に孫策に落雷撃って来い、落雷」
劉備は半ばヤケになっている模様。
徐庶「落雷撃つのはかまいませんが・・・肝心の弓二人の知力があそこまで高いと落雷では落としきれませんし、士気の使い方があまり有効とは思えませんが・・・」
劉備「それは分かってるが・・・何かしないと悔しいじゃねーか!」
張飛「俺様がちょっと行って弓を引っ張って来るぁ!」
姜維「それなら私だって・・・!」
なんだかんだ言っても、皆悔しいようで、何とかして先の恥を挽回しようとしている。

そんな蜀一行に追い討ちをかけたのは・・・孫策。

孫策「はっ、ハッタリだけかよ!!しゃらくせぇ!来ないならこっちから行くぜ!」


ムカチーーンッ!


ときた劉備。


劉備「あーもー!あいつムカツク!!ほら!落雷撃て落雷!!あいつ馬鹿だから絶対あそこで雄飛使うから!ほらほらほら!!!」
半ば強引に徐庶の背中を押して落雷を勧める劉備。
いた仕方ない、と徐庶は馬を走らせ始めると・・・

案の定、孫策はその場で溜め始めた。
止まってるなら狙いも定めやすい。
周瑜「伯符!!そんなところで雄飛を使うな!!」
周瑜の忠告も時既に遅し。

徐庶「見よ!天罰の威力を!!
徐庶のその声とともに、あたりは暗くなり、空を雲が覆い、3本の雷が・・・




全員「 あ 




孫策を綺麗に避けていった・・・。
徐庶「!?」
劉備「なんだってんだ・・・?」
姜維「確かに今、効果範囲は孫策ピンポイントだったはずなのに!」
張飛「だが、凄い角度で避けていったぞ・・・?」

蜀一行はもちろん、呉一行でさえも目を見開いた。
呂蒙「どうなっているんだ?」

しかし、その雷の行方は実は・・・
小喬「あ、周瑜様、あの鉄球見てください!」
小喬に言われたとおり、周瑜も呂蒙も先ほど投げ込まれてきた鉄球に目をやると・・・

ピリピリしていた。

周瑜「ま、まさかっ!徐庶の放った落雷が鉄球の方に引き寄せられて落ち、ピリピリしていると言う事はこれから爆発すると言う合図なのか!!!」
劉備「ものっすごい説明口調だな(ボソ
呂蒙「つまり、爆発すると言う事か!やばい、皆巻き込まれる前に帰城だ!!」
城前にいた三人はそそくさと帰っていった。
孫策「え!ちょ、まっ!!!ぶっ飛びそうだぜ!(ヲイ」

しかし中央付近にた孫策はもちろん槍の足で帰城に間に合うわけなく・・・


 どっかーーーん!!


ICB11






大爆発した。


孫策「死ぬには・・・早ぇぜ」
孫策撤退。

主力の一人を撤退させた事により、ちょっと希望を持った蜀一行だったが・・・




劉備「なんだこりゃ・・・」

先の爆発のせいで、フィールドの大部分が焼け地と化し
敵城にたどり着く前に撤退してしまうなどと言う状況に陥ってしまった。


結局は、小喬の流星によって自城は削られ、試合にも負けてしまったとさ。



劉備「くそぅ!!漢王朝復興の夢を諦めたわけじゃねぇ!次!次の策考えるぞ!!」

蜀軍の粘りはまだまだ続く・・・。
Ver.UPを待て!!!













ふふふ・・・あははは・・・
イロイロゴメンナサイ、ゴメンナサイ
内容薄いっすねぇ~・・・いやはや、これでも一応頑張ったのです。時間がなかったけど。
ていうか、みんな喋り方が分からなかったww
もう明日に迫ったVer.UPをネタにしました。・・・が、被りそうですかね・・・?やっぱ^^;
なんだか皆が全体的に可哀想になってしまってやりきれない感じですねwww
精進しま~す。

えと、コメント周りのほうは、ちょっと厳しいかもですorz ごめんなさいm(_ _)m
やはりリアルが優先なので(;^-^A
もしかしたら、超絶一行コメントとか・・・残したり残さなかったりするかも・・・?かも・・・?わかりません;;



それでは、参加者様へのリンクです~!
結構私が時間ギリギリアップだから・・・;他の方はもう既にアップされてると思いますので是非ドウゾw


*発案者様*
遼!来来!!超!来来!!
我らがリーダー、リョーチョーさん!


*同士様*
三国志大戦・覇王の大徳♪
冬弥さん

TOM9's Blog
TOM9さん

不思議なダンジョン 62階
すしさん
千里眼&黒い人の ―蹴散らせ―
千里眼さん

別冊観賞魚と書物の日々 五絶三国志
神行百変さん

桃園の幻…それは夢
豚足の貴公子さん

へたれ君主の大号令
風呂気温さん

龍火の趣味の部屋~三国志大戦~
龍火さん

noeinの三国志大戦記
noeinさん

たまごだっていいじゃない?
真音さん

三国志大戦Blog~集結せよ!~
うすたさん

三国志大戦――我道を行く
日立さん

白麗の執務室
白麗さん

蜀軍のススメ
東風さん

Hit the beat! Keep your beat!!
龍之介さん

ユラナギ
やぎさん

ぽんこつ飛天覇王 黒飛―弾丸集団突撃2―
黒飛さん

取らぬカードの皮算用
葉桜さん

三国志大戦2下克上ブログ
むつーさん

貴女を侮った、僕の負けです!
橘生さん

ゆるゆる行こう~?
ハザンさん

晃の三国志大戦日記 ~力を見せよ!~
晃さん
スポンサーサイト

テーマ : 三国志大戦2 - ジャンル : ゲーム

23:50  |  コラボ♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(14)

Comment

不発弾オソロシスw

月栄のつくった爆弾かなりヤバイじゃ無いですか
一面焼け地とかナパーム爆弾としか思えないw

そうだよなぁ…呉には流星があるからなぁ。
劉備もくやしかったんでしょうねw
豚足の貴公子 |  2006.09.05(火) 08:00 | URL |  【編集】

とんでもない威力だ・・・

焼け野原?麻痺矢?流星招来?
蜀単じゃ絶対勝てねぇ。・゚・(ノ∀`)・゚・。
東風 |  2006.09.05(火) 10:31 | URL |  【編集】

お疲れ様です。
戦場が焼け野原に・・・。
周ュとかの火計系でもこんな事が起こりそうですね。
noein |  2006.09.05(火) 19:45 | URL |  【編集】

ICBお疲れ様です
火薬と言えば大砲を使うかと思えば…砲丸投げですかい(笑)
そして、孫策を置いてそそくさと逃げる呉軍の方々…『三十六計逃げるに如かず』と(ちょっと違)
焼け野原…夷陵全体を焼いた夷陵の炎も同じ事が起きるのか!?(ないって…)
白麗 |  2006.09.05(火) 22:37 | URL |  【編集】

ICBおつかれさまですー

いやはや、黄月英ったらいつの間にそんな危なっかしいものを発明してるのかw
フィールドを焼け野原って・・・焼夷弾か何かですかw
やぎ |  2006.09.06(水) 04:04 | URL |  【編集】

強いよ、月英……じゃなかった焼夷弾。
ゾンビ……じゃなかった呉もびっくりですね。
橘生 |  2006.09.06(水) 11:57 | URL |  【編集】

ICBご苦労様です。

投石器的な物で飛ばすのかと思いきや、素手で投げる張飛・・・凄い怪力というか、脳筋というか・・・。
そして、周瑜の説明台詞に笑いました。
まぁ確かに、城門まで保ちそうなのは徐庶くらいですからね。
神行百変 |  2006.09.06(水) 23:37 | URL |  【編集】

ICBお疲れ様でした。
鉄球に落雷が落ちて爆発するとは。まあ、当たり前ですが。しかし、大部分が焼け野原の時点で蜀には勝つ未来はないですねー。
でも、一番はやはり、デッキを適当に組みすぎだー、劉備軍。
挑発使えー、と言いたい気がする。姜維に。
日立 |  2006.09.07(木) 03:00 | URL |  【編集】

お疲れ様でした

策が撤退・・・。
そんな危険な?ところでタメちゃダメです!
ま、落雷落とされたらどっちにしろ撤退ですが(w

バージョンアップすると大変ですよ。
蜀の皆さんは・・・。

今回残念なことは、いつも楽しみにしてる佐久間りおさんのイラストがないことです・・・。
真音 |  2006.09.07(木) 12:41 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます!(●´∀`●)
すいませんすいません!m(_ _)m
レス超絶遅れてます!明日には返信したいと思います~!!
佐久間りお |  2006.09.08(金) 23:05 | URL |  【編集】

初めまして、ICBお疲れ様です~。

「ぶっ飛びそうだぜ」ってw
二つの意味で、ですねw

爆弾は知力関係なさそうなだけに、弓兵にぶつけたかったですねぇ。
一面焼け野原は槍兵的にキツ過ぎますw

葉桜 |  2006.09.09(土) 02:35 | URL |  【編集】

レスです~!

遅れてすみません!m(_ _)m

豚足の貴公子さん>>
不発弾っていつ爆発するか分からない感じが恐いですよねww
実は呉軍の火計はナパーム弾からd(ry
そうなんですよねwお互い攻城できない、とかじゃなくて呉は流星で勝っちゃいますから、悔しかったでしょうねww

東風さん>>
はいw落雷も手伝って凄い威力ですww
(笑)確かに、蜀では無理な要素ばかりでしたね~(´∀`;)

noeinさん>>
お疲れ様です!
そうですね~(●´∀`●)普通の火計とかでも本当なら地面まで燃えちゃいそうですよね・・・。
あれはどういう仕組みなんでしょうか・・・。

百麗さん>>
まだ大砲を作るだけの技術はなかったぽいです(?)
なので張飛頼みでw
いや、ほら、さすがに全滅しちゃダメですからw背に腹は代えられませんw(ぇ
夷陵の炎もきっと同じことが起こりますよ!(ぉ

やぎさん>>
おつかれさまです~。
月英さんはきっと常に何かを発明しようとしてるんですよw
爆弾の中身は・・・なんでしょうw

橘生さん>>
強いですよねぇ~・・・月英・・・ではなく爆弾が、ですねw
本当にその時に爆発していたらさすがの呉もビックリでしょうねww

神行百変さん>>
張飛さんは・・・そういう役回りです、きっと!
あ、周瑜の台詞に笑えましたか!?よかったです~♪
そうですね~・・・さすがに徐庶だけでは攻城するのは厳しそうですから(´∀`;)

日立さん>>
お疲れ様です!
不発弾も雷が当たればさすがに爆発したようですw
そうですね~大部分が焼き野原になったらどう頑張っても厳しいですね;;
そこは、突っ込み禁止ですww姜維も挑発使おうとしたんですよ!きっと!使おうとしたけど・・・

真音さん>>
お疲れ様でした!
そうですよね!そんなど真ん中で溜めちゃダメですよね!もうサックンったら!(ってお前のせいだよ
そうですよね・・・蜀の皆さんは大変そうです(´Д`;)
え!?あ、あんな絵を楽しみなどと言って下さって嬉しいです(*゚∀゚*)w
今回はあまり絵で説明するような事がありませんでした~(;^-^A

葉桜さん>>
初めまして!お疲れ様です~(●´∀`●)
あ♪はいw「二つの意味」で使いましたww
突っ込んでくれる方がいて嬉しいです(゚∀゚)!
そうなんですよね!爆弾はむしろ武力に影響しそうな勢いですしw
一面焼け野原は確かに槍にはきつすぎですね~(´∀`;)
佐久間りお |  2006.09.09(土) 21:00 | URL |  【編集】

遅くなりましたがお疲れ様でした~
いや、あの、はい、コメント遅すぎてすみません(´・ω・)
結局士気6で爆発・・・
十分強いww
ていうか落雷より強いんじゃないか?と予想ww
火計撃つ寸前の周瑜に投げ込んだりしたらかなり活躍できそうですw
千里眼 |  2006.09.12(火) 04:29 | URL |  【編集】

レスです~

千里眼さん>>
超絶遅れてすみませんm(_ _)m
確かに!結局落雷一つで爆発しちゃってあの威力なら強すぎですねww
はい(●´∀`●)たぶん、最強のダメ計(計?)じゃないかとww(ぇ
それは・・・活躍と言うよりヤバそうですよ!火計と一緒に爆弾巻き込んだら・・・!(((゚Д゚)))ガクブル
周瑜がマジで帰らぬ人n(ry
佐久間りお |  2006.09.15(金) 22:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://weilover.blog36.fc2.com/tb.php/130-17b6797e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。