--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.11.03 (Fri)

未履修科目問題

お久しぶりでーす(●´∀`●)ノシ
パソコン離れしてるとホント、ネット界のこと分からないですねw
大戦情報とかにもかなり乗り遅れそうな気がしてますww ・・・orz

さてー、前回の記事で予告していた、東京出陣!の記事は次に書くとして、
タイトルにもある通り、今話題の未履修科目問題(でいいのかな?)についてちょっと書いてみようかなーと思います。
ていうかこれは現在高校生の人(特に3年生)にしか関心がほとんどないんじゃないかな・・・;とは思いますが、興味のある人は見てみてね。

あくまで私個人が親と話したり先生たちの声を聞いて考えてる事ですので。
意見が合わなくて当然だと思うので、気に食わなくてもどこかの高校3年生が思ってること、くらいに流してくださいね~。



うーん、どこから書こうかな・・・。
まず、私の学校もあります。未履修科目。校内でも取った授業によってある人とない人がいます。
情報がなかったり日本史か地理がなかったり世界史がなかったり。
私自身はありません(たぶん/まだ学校で詳しく集会とか開かれてませんが;)。今情報取ってるし、現在日本史Bをやってますが世界史Aは文系は2年の時必修でしたし。
でもやはり未履修科目のある人は、補習をしなければなりません。
教育委員会(文部省?)の方針は、とにかく生徒を安心させるように。との事らしく、先生たち(特に学年主任)は授業をやるたびに「限りなく、受験に影響がないように補習を組むようにするから、安心して。そんなに受験前にヒーヒー言うような組み方はしないから、無事に絶対卒業できるから」というようなことを言ってます。
まぁ、実際はまだ県の教育委員会(かな?)のほうで、補習のやり方をどうするのか決定してないらしいので(今日当たり決まるのかな?)、どうなるかは分からないのですが・・・。
もう、既に補習を始めてる学校もあるっぽいですけどね^^;

いろんな学校があるかと思いますが、とりあえず、私の学校は平和です(ぇ
毎日、その件についての話題は、私たちの会話にも出てきますが、私の学校は全体的に雰囲気自体が「のほほーーん」としてるので、こんな事態になっても「のほほーーん」としてます。今のところは。
むしろ、「やらなきゃいけないはずの勉強が、少ない時間でできるんだからいいじゃん」って言ってる子もいました。それもあるかなーって思います。今までは受験のための勉強ができてたんだし。
逆にこれから3年になる生徒はきっちりやらきゃいけないんだから大変だよねー、とか。
かえって、先生たちの方がショック受けちゃったような感じがして・・・なんだか忙しそうだし、ちょっと可哀想だなー・・・と同情しちゃう面も。
いや、一番の被害者は生徒なんですけどね。


誰が悪いの?
といったら、どう考えても一番悪いのは各学校の校長であり、各都道府県の教育委員会です。
校長は決められたことを疎かにして授業組んだり、単位を偽ったりしてるし、教育委員会はそういう学校があるって分かっているのに見過ごしてきたわけですから。

そもそも、なんで決められてる単位を取らせるような授業の組み方をせずに他の教科を入れたり偽ったりするのか、といったら、偏に「進学率を上げるため」なんですよね。
そういう言い方をするとなんだか「学校の名前のために・・・」っていう感じがしてあんまりいいイメージ出てこないんですが。
でも、親的にも、大学へ行きたいと思ってる生徒的にも、進学率がいい学校に入りたいのは当たり前です。
少子化が進んでる今、高校生自体が少なくなってきているんですから、なるべくたくさん子供を呼び寄せたいわけです。(私の高校も、私の次の学年から定員割れたしorz)
それよりも何よりも、生徒が大学行きたい、って思って一生懸命勉強しているのを教えている先生たちなら、どうにかして現役で大学へ行かせたいと思うのは当然です。
進学校なら尚更・・・。

決められた教科を決められた時間数きっちりやろうとすると、かなりきついんだそうです。
受験のための勉強なんてほとんど出来ない。むしろ全部終らないところも出てくるかもしれない。切り詰めて授業組んで、後は頑張れ、なんて感じになるんじゃないでしょうか・・・。
昔は最後まで受験の範囲を勉強しきれずに、あとは自分でやれ、みたいな事が普通だったらしいですが、今はまた時代が変わっています。
昔よりもはるかに多くの人が受験をして、大学へ行こうとしているんです。
先生曰く、
学校で受験のための勉強が出来ない、最後までやりきれない、となると、その不足分を今度は塾などで補うしか手がなくなる。
そうなると、今度は経済格差が出てきてしまう、と言ってました。
塾へいける、ある程度お金のある家だけが大学へ受かり、そうでない生徒は落ちてしまう。
塾へいけないような生徒だったら、当然、浪人なんて出来ないでしょう。
なるほどな、と思いました。

授業を組むのが大変な理由は、「ゆとり教育」という方針のせいでもあるのだそうです。
(個人的に、「ゆとり教育」という単語を聞いた時点で「は?」って思いましたね。円周率が3とかありえん。子供のうちは遊びと勉強が仕事なんだから、両方ともがっちりやるべき!とか思ってました。ま、それは置いておいて、)
小学校、中学校でゆとり教育だのと言って勉強項目を減らす。
だけど、(昔よりは倍率が減っているとはいえ)大学側からの要求は変わらない。
それで小中学校で減らされた分の勉強を、高校で全部補えってのが無理なんだ、って。
高校側は、凄い大変だったからこういう大事にまで発展していってしまったんです。
どこも大変だった、という事は、全国でこんなにも多くの高校で未履修科目問題が起こっていることが証明しています。


もちろん、だからといって決められた単位を勉強させずにいていいというわけではないことは分かっています。
教養ってのも大事ですしね。
一番悪いのは学校。
でも、もうちょっといろいろ考えて見直すところもあるんじゃないかな?とも思うわけです。


それにしても、よりによってこの時期にこんなに大事になるなんて言うのは、タイミングが悪いとしか言いようがありませんね。
誰かが故意にやったのかもしれませんがw
先生はほんとに、この時期にこんな風に問題になってしまうのが申し訳ない、って言ってました。。。
(私の学校の生徒はともかくw)普通はめちゃくちゃ不安になりますもんね・・・親だってそうです。

高校って言うのは(私の学校だけかな;)、すぐに地域の人々から批判の電話とかがかかってくるそうです。普段から。態度が悪いだのスカートが短いだのって^^;
今回は地域の人じゃないかもしれませんが、問題がニュースになってからすぐに、
「3年の○○の親ですけど」
と名乗るお母さんから非常にヒステリックな電話がかかってきたそうです;取った先生可哀想。。。そんな怒鳴らなくても・・・気持ちは分かるけど;
しかーも!!よりによって我が名字を名乗って電話かけてきたみたいです。
確かに、そんなヒステリーな電話をかけるのに本名は名乗らないと思いますし、私の名字は誰もが知ってるよくありそうな名字、だけど実は周りにはほとんど見かけない、ような名字なので;よく使われそうですけど!!全くはた迷惑な話です(`Д´)=3
先生に、「あんたっちの母親じゃないよね?」と確認されましたよ、もぅ。
先生たちも、そういう電話で本名は名乗らないだろうし、ウチの親はそんなに激しい人じゃないって分かってたっぽいのでまぁよかったんですが。。。(ていうか私のお母さん、私がニュースの説明するまで問題のこと知らなかったし!!

話しズレた(´Д`;)すいません・・・。

とにもかくにも、このような大きな問題の裏には、それなりの理由があってのことなんですよね。
決して良い事ではありません。
でも、だからといってあんまり学校側を批判するのは酷じゃないかな・・・というのが私の考えです。

私は補習が要らないから、こんなにのんきな事を言ってるわけではありません。
私自身が補習あっても、同じ意見です。(というかついこの前目で補習あると思ってたし

これからの教育方針自体がどうなっていくのか・・・大きく変えて行くのかどうなのか、注目したいところですね。
同じ高校3年の方(見ているかは分かりませんが;)ピンチはチャンスに変える!って意気込みで受験まで頑張っていきましょう!!


長々と読んでくださったかた、ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ : 教育問題 - ジャンル : ニュース

19:14  |  日々徒然  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

この問題なんですが、私が高校生だった頃は、週休2日制ではなく土曜日も学校でした。
今は週休2日制を導入さて時間にゆとりがないのもあると思います。
時間がない中で進学率上げるには、やはり今問題になってることをしなくてはならなかったのでしょう。
生徒のため生徒のためと言って、単に学校のためにしてたんじゃないかなと思います。生徒入らなきゃ学校運営成り立たないですからね。


何か問題になるようなことがあれば、いつかは表に出る・・・前々からちゃんとしてたら、生徒に迷惑かけずに済んだのでしょうが、起こってしまったことだからこれからどうするかを考えないとですね


ただ、現場の先生方は苦労しまくりでしょうね(^_^;)
雷覇 |  2006.11.04(土) 21:01 | URL |  【編集】

レスです~

そうですね・・・週休二日制と言うのも問題ありそうです。
私の世代(?)は教育方針がいろいろ変わってるので、小学校の時は土曜も学校へ行って、中学からは週休二日制になりましたね・・・。

最後はやっぱり、学校のため、なのかもしれませんが(;^_^A
許すとか許さないとかそういうことは考えずに、先生たちに従おうと思います~。

はい、先生達はすごい大変そうでした;
佐久間りお |  2006.11.10(金) 08:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://weilover.blog36.fc2.com/tb.php/138-d7040c71

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。