--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.06.19 (Thu)

ネタ2つ

大変だった演習の授業の発表が終わったよ、ひゃっほい!!
だいぶ精神的に楽になりました(●´∀`●)


さて・・・大戦をまた1週間ほどやっていないわけだが・・・

現在、、今まで大戦をプレイしてきた中で、一番モチベ下がっております。。
極端な話・・・今なら引退できる。。。くらいに。
まぁ、しませんけどねw(ぉ
元々、今週はプレイしないつもりでいたので、前半飛ばしてやっていたのですが・・・
なんだか上に上がろうと変に意識したら空回って駄目ですね~・・・
なんとなくあがってるときの方が気楽ですね。
ちょい疲れたのでおやすみです。


という理由もありますが、本当は・・・
変な負け方・・・乱戦してるのに攻城入るとか、理不尽な一騎討ちとか・・・
そういうのは誰もがよくあることなので、いつもは気にしないんですけど・・・

先週はリアルで鬱でして・・・いろいろ、精神半壊してましたからw
もうキッチンドリンカー予備軍、みたいなw
その憂さ晴らし?でゲーセン行ってる感じがあったので、
返って逆効果になってすべて投げ出したい衝動になり・・・もう大戦、いいや、と、なってしまったわけです。

なんだか話題が暗くなってしまった∑(;´Д`)
いや、もう大丈夫ですよ!w


というわけで、お金もないし、忙しいし、おそらく今月はもうやらないかと・・・(`・ω・´)
演習終わったーと思ったら次の週検定、
検定終わったーと思ったら次の週サークルのコンサート、
サークル終わったーと思ったら今度はテストが近いっつー、、
こう、なんか、何も考えずにだらだらしたいwwww


んで、大戦じゃなくてちょろちょろギタフリやってます(●´∀`●)(ぇ
まだまだまだ、、全然へたくそですけど。。
カッコいい曲できるようになりたいー!
全部曲を聴いたわけではないですが、
Timepiece phase II が一番好きかもです♪
ごっつ難しそうだよ。。。
あ、18日にV5にVer.UPしてましたね~
バイト中に社員さんが設置してました。
アクエリが入ってた(●´∀`●)


ではでは、今日の本題~
ここのブログは、大戦のことを書いていこう!と、はじめたブログですが、
最近、「え、大戦以外のことも普通に書いてるじゃん」
と、ちょこちょこ言われたのですが・・・
まぁ確かに書いてるけども、それでも三国志関係のネタを書いているつもりだよ!
というわけで、三国志関係のネタ二つ投下~


続きからどうぞ~




【More・・・】

・ネタ1
はっきり言ってこっちはどうでもいい。私の超個人的な趣味感想です、ご容赦くださいm(_ _)m
どうでもいい人にとってはマジでつまらないことなのでふっとばしてくださいなw
本当に聞いてほしいのはネタ2のほうだから!w


先日、私の学校で学会の大会がありまして・・・参加してきました。
で、ですね、、
一番初めの研究発表が、「曹植の『洛神賦』について」だったのですよ!!
知った瞬間、力強くガッツポーズした(●´∀`●)
いつもはついつい寝てしまう学会ですが、耳かっぽじって聞きましたw
『洛神賦』はまぁ作られた時期事態にもいろいろ諸説とかあるようですけれども、、私は分からないのでなんとも言えないですが・・・
それは置いておいて、
研究内容は、曹植の『洛神賦』が作られるに当たり、それ以前に似たような作品があるのをあげて、それと一緒に比べて『洛神賦』がどう展開していったのかを見ていくという感じだったのですが・・・
一番初めに、漢の宋玉さんが『神女賦』を書いていて、
次に建安時代に、同じ題で、陳琳や王粲なども女性の神を書いているものがあることから、
曹植も陳琳や王粲と一緒に神女についてあーだこーだと話し合っているうちにできたのかもしれない。
という見かたもありますね。
ですが、
発表者様は、曹植の書いた洛神が曹丕様に比定するという解釈も捨てきれない、と最後に仰っていました。
根拠としては、『洛神賦』が書かれたと思われる(冒頭部に記述あり)、黄初3年(たぶん222年。曹丕様が帝位を禅譲させて3年後)のころに、曹植が曹丕に対して多くの書(確か政治や役職に関することだったと思います;;)を送っていることがあげられる、としていました。
(曹植は詩に優れていましたが、いろんな書を見るとやはり政治で活躍したかったようであるので、最終的には後継者争いに勝利した曹丕様にいろいろ思うところもあったのでしょう・・・。憧れに近いものも若干あったんじゃないかと思います、あくまで、私の妄想ですがw)
若干、根拠としては薄いと思いましたが、それは発表者様も承知のようでしたし、確かに、曹丕様に比定するという解釈は拭いきれないとも思います。
今まで私も、曹丕様と曹植関連の本をやたら読んできましたが・・・
洛神が曹丕なのではないか、という考え方のものも読んだことがあります。
が、多くない。単純に、出かけ先での出来事を書いたとしているものもありましたし・・・。

そのほかにも説はいろいろ有るでしょうが、個人的にはやっぱり、、
こんな話も書いたわけですから、洛神は、甄夫人をモデルにしたのであってほしいですね~(●´∀`●)


まぁ、何が一番言いたかったのかというと、
学会で『洛神賦』が取り上げられたばかりか、曹丕様も出てきて嬉しかったよ~ということですw
三国志好きな人いっぱいいても、三国時代の文学好きな人はそんなに多くないのでつっこんだ話ができなくて、ちょい淋しい今日この頃です。

誰か、三曹の詩読み比べとかしてくれないかな・・・
性格出過ぎててホント面白いから・・・!!

神保町に物凄く行きたいです・・・古書店巡りたいです。。
来週か再来週は、絶対、行く!!!


ネタ1終了





・ネタ2
うちの学校には、別館として、中国文学資料室なるものがあるのですが・・
そこに本の貸し出しをするための、用紙の書き方の見本が壁に貼られてました。
それが・・・これ↓




諸葛・・・?


   しょ   かつ   きみ   あき
 諸 葛 公 明





ちょwww
なんだこのセンスw
あえてきみあきwwww


で、誰もが気づいたと思いますが・・・
その公明は・・・










きみあき





 
<「逃げる時は軽さ軽さ~」
















 こ っ ち だ ・ ・ ・ !

まぁ、きみあきと読ませるためだと思いますが・・・
これを書いた人のセンスに惚れますわw




・・・・・・・・・なんかいろいろ・・・サーセン\(^0^)/wwww






以上、ネタ2つでした~w
スポンサーサイト

テーマ : 三国志大戦3 - ジャンル : ゲーム

00:50  |  日々徒然  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

んは~大変みたいですね…こっちもそろそろ慌てないといけないんですが、周りがだらだらでついそれに乗っかるという日本人の典型的な例に悩まれつつありますわorz
まあなんとかなるのでおいといて(何

遂に来ましたか学会で三国志…しかも曹植とはまた粋なものが!w
結構説ありますよね。ただ甄さんが綺麗な人で、親父さんからも目を置かれるくらいですから、きっとあの説が一番しっくりですねw
むしろ陳琳が書いた方が気になってwww(ぁ


公明党!徐公明党をよろしくお願いします(笑)
エロール |  2008.06.19(木) 12:17 | URL |  【編集】

諸葛公明に吹いた
これはすばらしいというか、まるでその時代の書物しかないみたいじゃないかw
そうか、別の時代の書物の借り方はまた別の人名なのですな?!

三曹の詩を原文で読めるだけの知識があればと思います。訳はやはり訳者の想いが入るため、微妙に違って見えますからね
そう思ってしまうのはやはり演義から入った者の想いのせいなのでしょうけど
大戦をする前、悲憤詩から思った蔡えんは悲運の才女だったのに、大戦してからどうしてもお気楽天然娘になってしまったりとかw
今なら七歩詩すら意味を間違えるだけのイメージを植え付けられてそうですよ、恐るべし三国志大戦
TOM9 |  2008.06.19(木) 12:58 | URL |  【編集】

おじゃましました(^^)

ふら~と立ち寄ったら長居してることに気づきました
楽しかったんで(勝手にw)お気に入り登録させて頂いてます♪
ブログつながりで昨日もたまたま面白い記事を見つけたんですけど
とても興味深い内容でしたのでよかったらどうぞ♪
http://furutoisshodayo.web.fc2.com/
これからも楽しいブログをお願いしますね!また遊びにきます^-^
ミズタマ。 |  2008.06.19(木) 16:32 | URL |  【編集】

レスです!

超絶遅レスすみません!!(ジャンピング土下座!

エロールさん>>
はい~大変です;;
が、今はだいぶ楽になりました~(゚∀゚)
いや・・・全力でテスト前ではあるのですが;
だらだら流されて・・・分かります分かります!
エロールさんもがんばってください(●´∀`●)

学会で、きましたよ!w
ですね~wあの説がやっぱしっくりです♪
てか、曹操さんち家系は、皆好みが似てるんですかねww
あ、陳琳の方ですか~(´∀`)
時間がなくて、あまり詳しく説明してませんでしたが、神女さんの美しさの描写しているそうです。
私もいつか自分で読んでみたいw

よ、よろしくお願いします!
公明党万歳(゚∀゚)!


TOM9さん>>
吹きましたか~(´∀`)
私もですw
は!それは良いですね!
もっと昔の書物の借り方は、藺相如だったり・・・
とか面白そうです~w

確かに・・・そうですね~・・・
現文で、自分の読みたいように読むのが一番なのかもですね。
www
恐るべし三国志大戦w
なるほど~確かに、何かに影響されて、その人物が自分の中でどう動くか全く変わってきますねw
そんな私は北方氏の影響受けまくりですw
佐久間りお |  2008.07.06(日) 21:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://weilover.blog36.fc2.com/tb.php/227-5dd74686

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。