--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.04.01 (Wed)

発作

・・・が、起きます。
大戦もそうですが・・・活字発作が・・・w

それはあとでお話しするとして、はじめにちょっと大戦の話をば。

昨日久々にやってきました。
また1週間以上ぶりです。。1週間半くらいかな?
Ver.UPが未だによく分かっていません・・。
なんだか物凄く、ぼーっとしながらやっていた気がします。
いろんなことで頭がいっぱいでした。
バイトのこととか、すぐに始まる新歓のことや、あと数ページで終わる小説の続きとか・・・
とかとかとか・・・

ぼーっとしながらやっていたら、勝っていたのに、引き際をわきまえないでぼーっと攻めてて、
最後にあ・・と思ってるうちに落城負け・・・というのが、負け試合の9割を占めていたと思います。
いつもなら、勝っていたのに逆転られるととても悔しいけれど、昨日はあんまり悔しくなかったです。。
おかしいです。
おかげで4品に落っこちました。もう4品でぐだぐだやって行きますよ、ええ。

そんな感じで、帰りもぼーっとしながら帰っている途中に、読みたい漫画を思い出して、
あ、ブック○フ寄ろうかな~と思っていたら(家の凄く近くにあるんです)、
突然パンプスの金具が壊れて、外れてしまいました・・・。
めちゃくちゃ落ち込みました・・・
どうしよう・・・パンプス1足しかないのに・・・
これからまたしばらく忙しいのに買いに行く暇なんてないよ。。
泣きっ面に蜂というやつです。
とうぜん、ブッ○オフには寄れずに、逃げるように家に帰りました。

泥に溶け込みたい、そんな気分です。


デッキはいろいろやってみました。
前回3連勝していた、
SR張遼、Rホウ徳、R賈ク、U郭嘉、U鍾会
というデッキ・・・今回は勝てずに、やっぱり純正に戻してみたり・・・
実際、流すのは4,5戦に1回くらいなんですけどね・・・。
でも純正でも勝てないので、今度は思い切って6枚にしてみたり・・。
まぁ勝てないときには何やっても同じですけどね。

ぼーっとしてたからかもしれませんが、今回は兵法負けが多かった気がします。
なんとなく、まだ経験値が足りないのかもしれません。
ていうか、その前に、未だに新カードの能力を全然覚えてないのも問題だと思います・・・。
分からないで、びっくりして終わったのもありましたわ。。

兵法負け・・・私は大抵最近は再起一択なのですが・・・
軍師を郭嘉にしている場合は突撃闘陣も試してみたいんですよね、、ホントは。
でもミスするのが怖くて、つい再起を選んでしまいます。。
でも再起に頼らない戦い方をちょっと身につけたほうがいいかもしれないとも思いました。
2の最後のほうは再起なんか使ってなかったんだし・・。
思い切って軍師を荀攸や司馬懿にして見るのもありかもですね。
再起以外を選ばずをえないので。。

実際、どうなんでしょうね?今の環境だと、どの奥義が良いのでしょうか??


司馬懿といえば・・・昨日も司馬懿引きました、、軍師。
私は、司馬懿、武将も軍師も、めちゃくちゃよく引きます。
今までに何回引いたかなんて覚えてないほど・・・
この前引いたときも、とある人に「また引いたの?」と普通に突っ込まれました。
そんなに使って欲しいのかしら。
機略でも試してみようかな。。なんて思う今日この頃です。





さて、大戦の話は凹むのでこれくらいにしまして、
今日は若干真面目?に本のお話。

興味のある方だけドゾー



【More・・・】


大学に入ってから、ほとんど本を読まなくなってしまいました。
漢文は読むんですけどねw
理由は分かっています。
近くに図書館がないから。
都会の図書館は、田舎とはちょっと違いますね。
区ごととかに分散してあるので、一つ一つの図書館が小さい。。
中央図書館、とかいうのになったら規模が違うんでしょうが・・・
それでも、区ごとにある図書館でも、ちょっと今私が住んでるところからは行きにくいです。
それなのに、人口は多いから利用者は多いわけで、
なかなか読みたい本が手に入りません。
一時期、図書館を探しまくって、どこに行けるかとかいろいろ考えたりしましたが、
どうも・・・いまいちで・・・諦めてしまっていました。
実家の図書館の環境が良すぎたのです。
家から歩いて10分もかからないところに図書館あるし、
結構たくさん本置いてあるし、行きなれてるから寛げるし、とても好きな空間でした。
だから、こっちに引っ越してきて、どうしても図書館で本を借りようという気が起きませんでした。
学校の図書館は・・物語とか小説っていう本はあまり置いてないしね。


だけれどもやっぱり時々、無性に本が読みたくなります。
つい先日も、出かけて帰ってくる途中、
最寄り駅を降りたところで発作が起きました。

山田悠介の「パーティ」が読みたい。

いつか、本屋で冒頭部分を立ち読みしたことがあって、その続きが急に読みたくなりました。
ので、ブッ○オフに寄りました。
結局は、文庫本狙いだったんですけど、文庫本はなくて諦めたんですけどね。
文庫はまだ出ていないのか、単にブック○フになかったのか・・・。


山田悠介はどうでしょう・・・何のジャンルに入るんでしょうね?
一部ホラーだったりしますが、ホラーでないものもあるし、、ミステリー??


私は、作家さんに全く詳しくありません。
そんな私がミステリー(仮)が好きだと感じるようになったのは、結構最近のことです。
昔から、時々活字発作的なのはありましたが、私は高校1,2年くらいまでずっと、ファンタジーを読んでいました。
三国志を知ってから歴史ものにも手を出すようになりましたけどね(●´∀`●)
てか、三国志を知ってすぐは、三国志ものの本ばっかり読んでました。
それは置いておいて・・・今は歴史ものから離れまして・・・

ファンタジーというと、ダレン・シャンとか・・読んでましたね~・・・
でも、切りの良いところで飽きてやめてしまいました。。
あと、果てしない物語・・・とかもあったなぁ・・・すごい厚くて体裁がごつごつしてて見た目は凄く素敵な本なんだけど、やっぱ途中で飽きてしまいました・・・。
え?ハリーポッター?
いやぁ・・私ひねくれた性格なので、あんまり有名になりすぎてる本は読み始めようと思えないんですよね・・
で、読んだことありません。

あ、だけど、守り人シリーズ(精霊、闇、夢の守り人)は、本屋で彼の本の前を通りかかったときに直感で、コレ読みたい!と思ったはじめての本なので(当時小学4年くらい)、大好きで3作全部読みました。
その後が出てると、つい最近まで知りませんでしたがww


でも特に他のジャンルに手を出そうとは思っていませんでした。
何があるのかよく分からなかったというのが正しいかもしれません。


そんな時、確か高2の秋か冬くらい。
部活後、友達と一緒に下校していました。
田舎なので、電車は30分に1本。
さらに、部活後で帰りが遅くなると30分に1本どころじゃなくなってきます。
その日もホームに着いて時間を持て余していました。
本がまた突然読みたくなったけど、手元になかったので、
「なんか読みたいな~」
呟いた私に、友達が読んでみたら?と一冊の本を私に貸してくれました。

それが、山田悠介の「@ベイビーメール」

ホラーと聞いて、多少戸惑ったものの、興味本位で読み始めました。
でもホントは、私はホラーが大嫌いなのです・・・。
特に映像はダメ、絶対。ホラー映画とか見れません。

だけど、だけど無駄に好奇心旺盛らしくて(先日も、怖いと思いつつ、ついつい富士急ハイランドの超戦慄迷宮に入ってしまいましたwwwwごっつ怖かったですwでもほとんど先輩にしがみついててよく分からなかったです!)
怖いけど読んでみたい・・・と思い、
せっかく貸してもらったし、すぐに読み始めました。



こ わ い


めちゃくちゃ怖い、、くそ怖い、尋常じゃない。


私はあまりの怖さに早く読み終わりたくて、
その日は電車の中でも、帰ってからも、ずっと読み続けました。
私は本を読むのはそんなに早いほうじゃないので;;がんばって読みました。
切りの良いところまで読まないとどうしても怖くて、
夜中一人で部屋で丑三つ時に、あまりの怖さに泣きながら読みました。(←マジです)
もう午前2時とか超怖いしね・・・うん。
秋だか冬くらいだったので、寒くて、手が冷たくなっていたけど、構わず切りの良いところまで読みました。

次の日も、朝の電車内で、休み時間で、「@ベイビーメール」を読み、
その日のお昼ごろに貸してくれた友達に返しました。


めちゃくちゃ怖かった・・・
最後も後味悪い感じで、ホラーだった・・・。


でも怖かったけど・・・面白かった・・・!!!!


面白かったんです、怖いのに、とても面白かった。
彼の作品は、若者に読みやすい感じに書いてある気がします。
というか、本人若いしな。
そのせいもあって、ページを全力でめくっておりました。
コレが、私とホラー小説の出会いでした・・・w

あ、一応断っておきますが、私はホラーが苦手なので、上のようにめちゃくちゃ怖がっているわけで、
他の人にとってはどのように感じるかは、人それぞれですので・・・あしからず。


そのあと、彼の一番の有名な、「リアル鬼ごっこ」を読みました。
普通順番逆ですがw
「@ベイビーメール」を読んでから「リアル鬼ごっこ」を読むと、文章の書き方が凄い違うのが分かってニヤニヤします。
やはり「@ベイビーメール」のほうが読みやすいし、文章的にも整頓されてる気がします。
偉そうな事言えませんが。
まぁ、それも当時読んだときの感想ですけどねw


そんな折、別の友達とちょっと本の話をしていて、
そういう感じの本が好きなら、乙一とかお勧めだよ。
と、教えてもらいました。

作者だけ聞いたので、そのあと図書館に行って、読みやすそうな本を借りました。
それが「ZOO」でした。
文庫でない、厚いやつです。
厚いやつだったけど、持ち歩いて読みました。
「ZOO」1冊読んだだけで、乙一の世界観にどっぷりはまりました。
とても面白い。
乙一は、割と、ぐろいくて痛そうな残虐っぽい話と、とても切なくてでも暖かくなれるような話と、奇妙でユーモラスな・・・そんな話に分かれる気がします。
雰囲気的には、世にも奇妙な物語的な感じです。
「ZOO」の中でも、陽だまりの詩というのが、とても気に入っています。(「ZOO」は短編集です)
これは上に挙げた、切なくて暖かくなれる話です。

乙一の醸し出す、なんと言うんだろう・・・あの雰囲気が私は大好きです。

で、結局、「パーティ」を探しに行った日は、乙一の「失はれる物語」を買ってしまいましたw
これも気になっていた本であるので。。
文庫が売ってたのでついつい。
短編だから読みやすいしね。

まだ全部読み終わっていないのですが、表題の「失はれる物語」。
私がちょっと想像していた話と全く違っていて、とても戸惑いました。
はっきり言って、読んでてあんまり面白くなかったです。
でも、面白くないのに、こんなに意味が詰まってる話なんて、初めてでした。
なんか、感動しました。
なんだよ、どうなるんだよ、で、どうなるんだよ・・・
と、ずっと思わせといて・・・え・・・?みたいな。。

半分近くまで読んだので、最後まで読みたいです。




時々本を読むと、やっぱとても面白いです。
私はたぶん、読むのに対しては、
ファンタジーよりも、それこそ歴史ものよりも、
ミステリー系?の話が大好きみたいです。
うん、ホントにミステリーといって良いのか未だによく分からないわけですが。


・・・そういえば・・・今思い出したけど、中学のときにたまたま直感で図書館で借りた、
某小説も、ミステリーでした。
その本は、朝9時か10時くらいに図書館に行った時にたまたま借りて、
その日の夕方にまた返しに行った、という自分にとってはありえない速さで読み進めた本でした。
ちゃんとお昼ご飯とか食べて、それでも3時くらいに返しに行けたんだよ!w
他の本目的で図書館に行ったのに、たまたま目に留まった本をごっつ読んでしまったな~
とか思った記憶があります。

それを思うと、元からミステリーが好きみたいです。


自分が気づいてないこと、でも本当は好きであるもの、まだまだある気がします・・・。
それをこれからも見つけていきたいな・・・

そんで、がんばって自分が好きだと思えるところに就職したいな・・・(ぇ


ここまで長々とお付合いくださった方、ありがとうございますm(_ _)m

お勧めの作家さん、いらっしゃいましたら是非是非教えてください(●´∀`●)
ミステリーものならなお良し、ですw
スポンサーサイト
05:36  |  日々徒然  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

どうもお久しぶり(?)です聖です(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

本の話題が出ていたのが食いついてみました(苦笑)

山田さんの作品は高1のときに近しかった人がどうしても読めというので読みました!
リアル鬼ごっこ
ベイビーメール
親指探し
あそこの席
Aコース
Fコース
・・・この辺りは一応全部読んで、本当はパズルとかブレーキとかも読みたかったんですが読めなくてorz
山田さんのは読みやすいですよねー!本当に漫画感覚で数時間でパラパラ読める感じです。

あんまり長く書くのはあれなので纏めますが、「夢枕獏」さんの、「陰陽師」シリーズが個人的に大好きです(笑)

もし覚えていて中古で見かけたりしたら、手にとってもらえると幸いです><

ミステリー……というよりは伝奇? と微妙にジャンルが違うのはすいませんorz

ではでは!
せい |  2009.04.03(金) 16:08 | URL |  【編集】

レスです!

聖さん>>
お久しぶりです!(●´∀`●)ノ
お元気でしたか!?

おぉ!食いついてくれてありがとうございます♪
最近、こういう本についてとか、あんまり会話したことなかったものでw

聖さんも山田さんの作品読んでましたか~
ホント!漫画感覚で読めますよね(*゚∀゚)
親指探しとかあそこの席あたりは、凄い怖そうなのですが。。。><
どうなのでしょう?
怖いの面白いですが、やはりちょっと読むの躊躇います・・・高校の時とは違って、家に一人でいるのでw
私もパズルやブレーキも読んでみたいです。
古本屋とかで見かけたら手を出してみようかなーと思ってます(゚-゚)

いやいやw長くても全然おっけいです!w
おぉ!夢枕獏さんの陰陽師シリーズは1冊ほど読みました!
地元の図書館でも人気だったので、1巻からとかなかなか揃っていなくて、ひとつ手にとってみただけなのですが;

「ゆこう」
「ゆこう」
そういうことになった。

の常套句が、読んだ友人らとの間で密かなブームでしたw
1冊読んで以来、始めから読んでみるとかしたことなかったので、
見かけたりしたら手にとってみたいと思います(●´∀`●)

いえいえ!コメントありがとうございました♪
佐久間りお |  2009.04.06(月) 03:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://weilover.blog36.fc2.com/tb.php/270-6b687496

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。