--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.12.15 (Wed)

そ つ ろ ん

絶賛卒論中です^^^

頭がパーンしそうです・・・


やってることは、曹丕様について考えることで・・・
曹丕様が発した詔(みことのり)をひたすら読んでいるのですが・・・


だめだ、くじけそう・・・^^^^^

中途半端に終わる未来が見える・・・


今日、先生のところに顔を出したら、
「とにかく教務課を突破したら、あとは私の手元にある間は加筆修正できるから。とりあえず前に前に書いていきなさい」

って言われたのにーー!!
前に進めない。
調べないと書けない・・・

曹丕様、典故多すぎ・・・しぬ。

※【典故】よりどころとなる故事。典例や故実。
というわけで、漢文の文章って、昔の書物から単語や一文をそのまま引用して書かれてるのよ。
典故の量が多いほど、引用するものが広いほど、頭が良いって言うか、博識ってことなのよね。

典故一つ一つの原典に当たるのが、すごく骨の折れる作業だけど、すごい重要なことで、典故を引いてこそ、意味が理解できることがたくさんあるのです。
文章中には説明されてないわけだし。

例えば、
「死せる孔明、生ける仲達を走らす」とは、良く言ったものではないか。

っていう一文があったとしたら、
三国志を知っている人なら、あ~あの時の言葉ね、ってわかるけど、
三国志を全く知らない人は、
孔明って誰?仲達って誰?から始まり、時代背景やらいつ、どんな状況で言われた言葉なのか、全部調べないといけないのです\(^o^)/
時代も一つではないから、たくさん調べていくうちに混ざってわけわかめだお^^^^^


曹丕様の頭の中には、というか、当時の知識人の頭の中には本当に、四書五経などなどが頭に入っていたんだろうな~すごいな~。
私の脳みそでは理解するのもままならぬよ^^^
一言一言が重過ぎて大変すぎた。
もっと短い文章を撰べば良かったのか!?
もう漢字変換が卒論の物になってるよー。

やっていることは好きなことなので、非常に楽しいんですが、
何しろ時間がないので辛い。
寝るのが憚られるね!全然、寝てるけどさ!!!


でも本当に、楽しいのです。大好きな曹丕様のことをずっと考えてられるのです。
春秋左氏伝杜預集解もちょっと引けたし!杜預ー!あんたすごいな!!なぜに知力5だし!
・・・まぁ、典故を引きまくってるので、全てが曹丕様のことでもないですが。
春秋戦国にもちょっとだけ詳しくなれそう!


私は大学へは、曹丕様についての論文が書きたくて行ったので、ががががんばる。
たぶん、提出してもしばらくは頑張ることになりそう、冬休みとか。



というわけで、頭がパーンしそうだったので、息抜きでしたー。





と、ここで一つ、三国志とは全く関係ない話ですが、誰か興味のある人聴いてください。

私は今、呂不韋が気になって仕方ない。
典故を追う上で呂氏春秋を引いたときに、呂不韋についてもちょっと本を読んだんですが、
なんていうか、子楚との出会いとかニヤリすぎてもう・・・!
呂不韋伝とかすごい読みたいし、其の頃の時代の漫画も出てるらしいし、宮城谷氏が本を書いてるらしい。
卒論終わったら、読みたい。

こ、高坂さんの本も読み途中なのに・・・!!

ちゃんと呂不韋伝とか読んだら、少しでも興味のある方に広めるために、ここでも語りたいです。
というか、理解してくれる人というか、話を聞いてくれる人がいないので^^^^^
いろいろ発散のために書きたいです・・・自己満足ですが!

なんというか、もう一個ブログ作ろうかしら\(^o^)/
歴史の萌えニヤリを勝手に語るブログ\(^o^)/

うーー、どこをつついても必ず面白いところが出てきて、中国文学やばい。おもしろすぎる。
私卒業したくない\(^o^)/



さて、寝るか。
スポンサーサイト
04:00  |  日々徒然  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

覚えてるかどうかわからないけどお久しぶりですw

呂不韋がでたので思わずコメントw
春秋が舞台のキングダムという漫画がとてもおもしろいですよー
若干着色も入ってますがある程度は歴史に沿ってるので是非
呂不韋もしっかりでますよー

なんなら全巻貸しますwww
ラズベリー |  2010.12.15(水) 20:05 | URL |  【編集】

卒論お疲れ様です(´・ω・`)/~~

こちらも卒論の他にもやることがあって大変(・ω・`)

ぬこの手でも借りたい時期ですねー
黒鍵 |  2010.12.16(木) 14:48 | URL |  【編集】

れすれす

ラズベリーさん>>
おぉぉ!お久しぶりです!
あの後大丈夫だったかなーとか思ってました><;;
そして呂不韋に反応してくださるとは・・・!!感動です・・・!
私が記事内書いた「その頃の時代の漫画」ってまさにキングダムのことですっ
近々読むぞー!とか思ってましたw
ちょっとお借りしたい・・・www


黒鍵さん>>
卒論以外にもやることあるですかー><
それは忙しいですね・・・
私は卒論終わったら超絶にーとになりました\(^o^)/
おつかれさまですっ
佐久間りお |  2010.12.22(水) 15:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://weilover.blog36.fc2.com/tb.php/350-4658c976

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。