--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.03.05 (Mon)

丹羽長秀さんの旅

先月末に冬休みを一気に頂きまして、旅行に行ってきました!

その名も、



丹羽長秀さんのたぶんゆかりの地であろう所を巡る旅


長いわwww
でも、まだまだ日本史は勉強不足なので、たぶん、とか、であろう、とか付けておかないと心配でw

二泊三日なので長くなりそうですが、まったりじっくり書いて行きたいと思いまーす。
順番に行きますよ!!


あ、画像は全て、クリックで拡大します~。
見たいのだけ拡大してくださいな!


■一日目■

この日は夜勤明けであった。
既に準備をしておいて、一度家に帰って一時間弱仮眠してから、11時過ぎに出発。
最寄り駅から品川へ行って、品川から新幹線です。

品川で駅弁買って、もぐもぐ食いました!
駅弁1

景色を見つつ、
良いお天気だったのでうとうとしてしまい、ちょっと寝ましたw

で、ついたのはココ。
彦根駅
彦根駅!!

一日目は夜勤明けで疲れているので、まったり、彦根城へ行ってきました~
すいません彦根城はおまけですw
が、さすがに国宝、重要文化財だけあって、見ごたえありましたー!

彦根城は、家康の時代に井伊さんが佐和山城を廃して作られたのですね~
だから井伊さん家のお城らしいです。
そこから、井伊さん家が代々彦根藩主を務めたらしいです。

まず入って博物館があったので、どうせだから~と見てきました。
特別展で、おひな祭りが近いので雛人形、雛道具が飾ってあって凄く可愛かったです~
で、博物館の中にある木造棟に、すごくテンション上がりました!
復元された建物なのですが、藩主が休憩したり、招待された人を通したりするところだったようです。
木造棟1
木造棟2
木造棟3

あと、茶道具(九十九茄だったか宮王肩衝だったかもあったよ!)や刀(国綱もあったよ!)、書、楽器、碁盤、能面などなど、かなり興味深かったです。
んで、この博物館が思ったよりも面白くて長居しすぎた!!
16時30分ちょっと前に出て、
で、あと玄宮園というお庭と天守を見たかったんですが、
玄宮園は17時まで、天守は17時半までという^^^
しかも玄宮園まで徒歩10分・・・
ということで、ダッシュしてみてきました!
今、お庭の一部を修理等しているらしく、一部見れない&池の水位を下げているそうです。
玄宮園
玄宮園から彦根城を臨めます。

じっくり見たかったけど急いで見て、天守に戻りました(;´Д`)
あ、彦根城天守外観です!
彦根城1
カッコいいですね~
この石垣とか、(*´Д`)ハァハァしますね~w

天守内から見た琵琶湖
彦根城2
なんか雲が凄くて素敵ですね!

あと、梅林とかあったんだけど、まだ花の時期には早くて、残念でしたー。


彦根城を後にし、一日目の宿へ。
15分ほど歩いて着くと、宿主さんが迎えてくれました~
ちょっと強面なんだけど、とっても親切な宿主さんでしたw

で、ご飯がすごくて!
宿を取った時、口コミで近江牛ステーキがうまい、と聞いていたので、事前に、
近江牛ステーキ食べたいです!と、メールしていましたw
そしたら、近江牛ステーキが追加で出て・・・
夕飯がこんなことに↓
初日の夕飯1

さらにー!

初日の夕飯2
お皿が石田三成の家紋www

どれも美味しすぎてやばい^q^
しかもご飯がすすむすすむ・・・
ご飯3杯食べてしまった・・・いや、駅弁しか食べてなかったから確かにお腹空いてたんだけども。

もー大満足でした!!!!!

ご飯のあと、女将さん?が気さくに話しかけてくださって、
色々彦根周辺のこととか教えてくれました~♪

お風呂は一つしかないんだけど、気を見て順番に入って、貸切状態なので逆に良かったです(●´∀`●)


いい感じに疲れも出てきて、幸せな気持でお布団へ。
一日目終了。

続きからは2日目!

【More・・・】




■二日目■
2日目が本番です。ハードスケジュールです。
朝は7時頃起きて7時半に朝ごはん。
朝ごはんがまた、うまい!
2日目朝食
ご飯がすすむ^q^

さらに!ご飯が終わった頃、女将さんがサービス?で、コーヒーを淹れてくれました!
コーヒー
豆から挽いてくれて、すごーーくおいしかったです!
もう殆ど飲んじゃってから撮ったけど!w

それで、女将さんが今日はどこ行きはるんですか~?と聞いてくださったので、
本日のハードな予定を告げると、アドバイスを色々してくださいました!

まず、初めに佐和山を登ろうと予定していたのですが、
この佐和山の登山口まで行くのに、宿からだとたぶん徒歩35分くらいはかかる・・・。
のを知っている宿主さんが、
「佐和山まで車でぴゅーっと送っていきましょか?」
だと・・・!?

おぉ、神か?神なのかー!?
と、お言葉に甘えまくって、車で送っていただきましたwwwwwwwwww
なんて素敵な旅館なんだ・・・また利用したいと思うほとである。
しかも宿主さん猫好きらしくて、宿内にいっぱい猫が居たw
しかも超人懐っこくて、ちょっと手で招くと擦り寄ってくるの!もー超かわうい(*´∀`)


というわけで。
そんな素晴らしい宿を後にして、いざ、佐和山登山!!

ここで佐和山をご紹介。
佐和山=佐和山城跡。
佐和山城は、元は鎌倉時代に近江源氏の佐々木氏が佐和山の麓に館を構えたのが始まりらしい。
その佐々木家が後に六角氏と京極氏にわかれ対立し、
戦国時代に入ると京極氏に代わって浅井氏が覇権を確立して六角氏と対峙します。
で、信長の時代。
信長が姉川の戦いで浅井朝倉氏を破ると、浅井氏は小谷城と佐和山城に逃げ込みます。
織田軍は佐和山城を東西南北取り囲みます。
なんか一周柵をずらーっと張り巡らしたらしいです。そしてその柵は後にリサイクルしてたらしいw
佐和山城は磯野員昌が8ヶ月も籠城しますが、降伏。
そこから佐和山城は難攻不落の城といわれたとか何とか。
で、磯野さん降伏後は我らが丹羽さんが城主になったわけです。
安土城築城までの間、佐和山城は近江支配の核、京都と岐阜の中継拠点、西国への最前線という機能を維持したそうです。
昔から境目の城として重要視されていた場所を、丹羽さんに任せたのですね!
丹羽さんは安土城の総普請奉行なので、この佐和山の地で色々計画とか練ったりもしたのかな~と妄想しますね!

で、佐和山城は秀吉の時代には堀きゅんこと、堀秀政も入っているのですね~
最後に入っているのは石田三成で、三成の時代にはかなり佐和山城を立派にして城下町も建設、琵琶湖の湊にも繋がる大きな橋も造られたそうな。
で、関が原の後寝返り組みが三成が居た佐和山城を包囲。
三成は合戦で敗れて敗走、佐和山城は落城したそうです。
その後、佐和山城から彦根城へ移築されたそうです。

さぁ、説明が長くなってまいりました!w

なので、石田三成ファンにとっては佐和山城は聖地らしく、三成ファンがいっぱい訪れたらしいですね~
地元の人が頑張って、無双やBASARAともタイアップしてるらしいです。
旅館にそのポスターがあったので、写真とってきましたw
ポスター1
ポスター2
無双の方は、写真撮ろうとしたら初め、左近しか顔を認識しなかったというねwww

まぁ私は石田三成は無双OROCHI無印で、強いなー便利だなーと思ってた知識しかないんでwwww
丹羽さんです、丹羽さん!!


佐和山は、本当に、登山なので、皆さんしっかり靴で出かけましょう^^^^
私は勿論スニーカーで行きましたよ!
でも、三成ファンのおなごでパンプスだかヒールで入って遭難した人が居たらしいwwww
恥ずかしい話です・・・。。

寒いかな~と思ったのですが、空気も良いし陽も暖かかったし、すごく登山日和で気持ちよかったです!
登山の途中でもいろいろ写真を撮ったのですが、実際行ってないとわかんないような写真ぱっかりなので割愛。
そこそこ細くて怖い道も歩きつつ、

佐和山城本丸跡(頂上)到着!
佐和山1
佐和山2
すーごい景色!!
こんなに標高も高いから、周りをよく見渡せるし、昔から拠点になった理由が分かりますね~。
なんか色々、思いを馳せちゃいますね~~~~

にわさーーーーん!!俺だーーーー!!!結婚してくれーーー!!!!

この頂上に上がってぶらぶらしてるところに、一人のおばさまも登って来られた!
初めちょっと綺麗ですね~とかお話してたんですが、
私らが本丸からちょっと下った、井戸とか石垣とか見に行こうとうろちょろしてると、声を掛けてくださった。
「そちらへ行くなら、こっちの方が歩きやすいですよ~」と。

なんとそのおばさま、この近くに住んでいる方で、ボランティアガイドもされている方だとか!
あんまり最近はガイドしてないし、上るのも数ヶ月ぶり、とおっしゃってたんだけど、
たまたま遊びに来たみたいで、色々案内していただきましたー!!!

なんか、運がいいぞ!(`・ω・´)

本丸から少し下った所に現在わずかに残る隅石垣(石垣の角の所)と、あと、
この木が生い茂っていない時期だからこそ隙間から見える石垣も案内してもらいました!
後者の石垣はパンフレットにも載ってない場所なのですお!
あと、井戸のトリビアとか、
女郎谷という、ところがあって、落城した際に子女たちが飛び降りたそうなのですが、そんなに高さがないので死にきれず、うめき声が1週間絶えなかったらしい、
さらにそこにある紅葉の木が秋になると真っ赤に染まるので血染めの紅葉といわれるとか。
あと、佐和山城下のあったところに、今でも丹殿という地名だかバス停だかあるそうなのですが、
それは丹羽さんが治めた事にあやかってだか名残だかで、丹羽さんの丹の字をとっているらしいです!
それを思うと丹羽さんは少なからず町の人から好かれていたのかな~とか妄想(●´∀`●)

本丸跡に戻って、
戦前はもっと琵琶湖がひろーくて、この佐和山近くまで水がきていたから、運河が発達して物流も盛んな上に守りにも適しているとか、
付近の山も説明していただいて、
近くに見える平山に家康が布陣していて、この佐和山城が落城するのを見ていたらしい、とか、
あそこの山の麓に前方後円墳が見つかって、琵琶湖を見下ろせる所にある古墳だから、かなり力のあった人物のお墓らしいよ~とか、
とにかく幅広くいろんなことを教えていただきました!
こんなに色々紹介できるほど、奥まで景色を見渡せるのは珍しい、とおっしゃってました。
天気が凄く良くて、これまた、運が良かったです!暖かかったし(●´∀`●)


素敵な出会いがあってよかったです・・・!!
佐和山を離れるのは名残惜しかったけど、時間も迫っているので下山。
登山口にある龍潭寺というお寺も紹介していただいて、
庭が凄い綺麗らしいし、色々資料や三成らしい頭蓋骨とかもあるらしいので、見たかったのですが、
時間がないので断念><
次に行くことがあったら尋ねたいです・・・。
案内していただいたおばさまに何度もお礼を言ってからお別れ。

さて、次へ行く為に駅まで歩こう!
と、出発した直後、

通りかかった車が隣でとまった!!!

これはどういうことでしょう!?

長くなったので、次回へ続く!!
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

11:45  |  史跡巡り  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

おぉ、彦根に行かれたのですか!!
私も何年か前に母親と彦根城を見に行きましたよ~。
あの辺りはひこにゃん効果もあり観光に力を入れてるので、いろいろと見応えありますよね♪

旅館、もの凄くサービス良いですね!
黒字なのかと心配になるレベルww

しかし、佐和山城って丹羽さんが治めてたのですか、知らなかったです・・・(汗)

そして、滋賀の印象が良かったようで、嬉しい限りです♪w
ブレイズ |  2012.03.09(金) 04:15 | URL |  【編集】

この流れで行くと、隣で止まった車は丹羽さんの車ですね(^o^)丿
丹羽さんが昼飯に駅弁買って届けに来たが正解でしょうwドヤッ

先日の松姫の御墓と言い、歴女の行動力にあっ晴れです\(^o^)/
次回のブログで、近江牛プレゼントがあると信じてる(^^♪
てとしゃん |  2012.03.11(日) 00:53 | URL |  【編集】

レスです!

ブレイズさん>>
はいー!彦根に行ってきました(●´∀`●)
そうですよね~ひこにゃんからは本当に有名になりましたよね~
観光に力を入れているのがとてもよく分かりました!

旅館は本当に良い所でしたー!何しろ人が良い!
あ、近江牛ステーキは勿論追加料金がありましたけどね(;´∀`)
むしろ無いと心配になってしまうので良いのですがw

そうなんですよー!佐和山と言ったら、丹羽さんのことも思い出してあげてください♪
滋賀県、本当に良い所でした・・・!またお邪魔したいです!


てとしゃんさん>>
えぇぇ!?w
丹羽さんの車だったら私もうここにいないですw
そのまま着いていって帰って来てないですwお嫁に行ってますw
・・・丹羽さんの車だったら良かったのにーー!!

確かに・・・!自分でも最近の行動力に驚いてますw
それもこれも、社会人パワー・・・お金があるって素晴らしい。。
お金的に行ける、と思ったらいてもたってもいられなくて><
やっだーてとさん!旅行の楽しみを奪うようなことはしませんよ!w
近江牛は是非実際に行って食べてみてねテヘペロ!
佐久間りお |  2012.03.13(火) 20:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://weilover.blog36.fc2.com/tb.php/404-d8bfd2d8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。