--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.03.21 (Wed)

丹羽さんの旅2

間が開いてしまいましたが、丹羽さんの旅の続き、書きたいと思いまーす!


●前回までのあらすじ●
彦根へやってきたまりお。
佐和山登山を終え、次の目的地へ向かうべく駅へ向かおうとすると、
一台の車が隣で止まった。
車の正体や如何に!?


車から声を掛けてきたのは丹羽さん(てとさん説)、


・・・ではなく、地元のおじいちゃんでした。

「観光客かね?弁天さんは行った?」

佐和山近くに、弁天山もあって、その傍に大洞弁財天(長寿院)もあるのですね。
なんでも、おじいさんはそこへ行く途中だったようで・・・
連れてってあげるよ!とのお誘い。

正直なところ、この日の予定は超絶つまっていたので、早く駅に行きたかったのですがw
折角のご好意なので車に乗せていただくことに。駅まで送ってくれるって言ってたし!

大洞弁財天については、実は佐和山を案内してくださった地元のおばさまからも話を聞いていて、ちょっと興味はあったのです。
大洞弁財天は彦根城の鬼門に位置していて、山門からちょうど綺麗に彦根城を臨むことが出来るのです!
切り取ったように綺麗に山門に収まっていて、天気もよかったし、かなりいい眺めでした!
写真も撮ったのですが、写真では全然彦根城が見えないので><
機会がある方はぜひ見てみてくださいな(●´∀`●)

で、おじいさんのながーーーーーーーーーーーいお話を聞きながら、
おじいさんの用事を済ませ、
弁財天を後にして駅に向かいましたw

おじいさんの話長いwwwwwwwww
しかもだいたい、何を言っているのかよく分からなかったwwww
でもところどころは分かって、まぁまぁ面白かったw

こういう風に観光客に気軽に声を掛けてくれるおじいさんは素晴らしいね!
いい思い出になりますよ(*´∀`)

おじいさんちはお酒を造っているらしく?
最後に、酒かすと酒かす飴と漬物と焼き芋くれたwww
焼き芋は電車内で食べて、いい腹ごしらえになりましたw

おじいさんありがとうございましたー!!

というわけで、次の目的地へ・・・


次に向かったのは・・・


安土です!!
信長公像
↑信長公像
あ、前回同様、画像はクリックで拡大☆

彦根駅から電車で20分くらいだったかな?
安土といえば勿論安土城!
幻のお城ですね!

安土城は信長が天下布武の象徴として、丹羽さんを総普請奉行にして造らせたお城です。
琵琶湖の内湖に囲まれ、岐阜城よりも京に近く、北陸・東海を監視するのに適していたからだとか。
安土城築城には丹羽さんの努力もなみなみならぬものがあったのですよ!

こんな逸話があります。

天正4年(1576年)正月の中旬、丹羽長秀は安土城の総普請奉行に任命され近江において安土城の普請が始まった。
それから一月ほど経ったある日の事。

信長「我慢できないので来ちゃった☆」
せっかちな信長は『普請が始まって』1ヶ月しか経ってないのに安土に現れた。
建設が始まってから1ヶ月ではない。しかしながら・・・

長秀「そんな事もあろうかと仮の御殿だけ城より先に急いで建てておいて良かったぜ」

何となく信長がすぐ来るような気配を感じ取っていたのかどうかは定かではないが
既にとりあえず信長が住めそうな完成した建物が建っていたのである。
喜んだ信長は早速、岐阜城を信忠に譲り渡すと2月23日には正式に安土への移住を決定した。

長秀(寝泊りできる宿舎ぐらいの感覚だったのにそのまま住んじゃうのかよ!)
信長「よし、思ったより工事が進んでて気分がいいので五郎左にはこの茶碗あげちゃう。
工事関係者にも褒美をやろう。だから早く建ててくれ。」

準備のいい男の話。
ちなみにあっさりと手に入ったこの茶碗、後に滝川一益が関東管領より欲しがった珠光ブランドの一品である。

戦国ちょっといい話・悪い話まとめ より

丹羽さんかっこよすぎるやろwww
も~気が利くし何やらせてもソツなくこなすしやさしいしだいすき!!
ちなみに、丹羽家は築城の才能もあったのか、息子もいくつか城建ててますね。


さて、安土城と丹羽さんの関係を説明したところで・・・

安土には、安土城に関する観光スポットがいっぱいあります!
まず初めに、駅前にある「安土城郭資料館」に行ってきました。
城郭資料館の目玉は何と言っても、1/20スケールで再現された安土城です!!!

安土城1
どーん!!

しかもこのお城、ぱっくり割れて、中も細かく再現されているのです!!!!
安土城2
安土城3

日本で初の天守閣のあるお城です。
地下もあって、都合7階建てですかね。
そしてなんと、4階分が吹きぬけになっているのです!
外国の影響を受けたらしいです。
凄いですね~

でも、3年で造って、その後3年で本能寺の変が起きて焼けちゃうんですけどね・・・
正直丹羽さん、がっかりだったと思いますよ。
ショボーン(´・ω・`)俺の建てた城・・・


安土城の内部について、もっと色々語りたいけど長くなるのでやめておくw


城郭資料館を後にして、
レンタルサイクリングさんで壊れてる自転車を借りて、いざ、安土城跡へ!!

いやまじね、自転車壊れてたwwww
ギア、3つあるのに全然変えられないのwww
走ればいいんでしょ?って感じw
あ、ちなみに自転車借りたほうが良い、と教えてくれたのは旅館のおかみさんです!
たしかに結構距離あるので、自転車無いとしんどいです。
安土城観光に行く際のご参考までにw


そんなわけで、自転車で安土城跡へ!

入口に当たる大手道、
安土城跡1 
大手口から本丸に向かって一直線に延びています。
信長の天下統一を示した、「見せる道」にしたそうです。

大手道の両サイドには、秀吉邸、家康邸、利家邸跡があります。
安土城跡2 
秀吉邸跡。
安土城跡3 
こんな感じだったらしい。

安土城跡4 
石垣アップ。
石垣職人の穴太衆(あのうしゅう)が安土城の石垣を手がけたのですが、
石垣の積み方が色々あって、どこが穴太積みなのか定かではないそうです。
でも石垣って凄いよね~いろんな大きさの石を組み合わせて、でっかい建物を建てちゃうんだからさ~

階段等には、石仏という仏さんの石もたくさん使われていました。
安土城跡5 
ちょっと罰当たりな感じなんですがw当時のまま残してあります。
石仏も使っちゃう信長、流石です。

大手道をひたすら歩き、階段も何段もひたすら昇り、
武井夕庵邸、信忠邸、森乱丸邸跡等を通り過ぎて、
看板に励まされつつw

安土城跡6 
ちなみに「あと十八段です 天主迄 あと一息頑張れ」と書いてありましたw
「れ」が入りきってないwwww

天主跡に到着です!!
安土城跡7 
ふぉぉぉすごい!
この大きな石の上に柱が立っていたのですね~

安土城跡8
石垣からでもわずかに琵琶湖が臨めました。
天辺の天守閣から見たら、もっと見えるのでしょうね~

天主で多少のんびりしつつも、時間が詰まっているので下山。
帰りの道順に、三重塔があります。
安土城跡9 
なんと築城当時のままに残っている塔だそうですよ!

あ、今パンフレット見ながら書いてたんだけど、誤字発見した!!!!!
しかも丹羽さんの羽の字!!けしからん!!!

それは置いといて、
安土城跡を後にし、再び自転車で、次は「信長の館」に行きました!
「信長の館」の目玉は、なんと原寸大で復元された安土城の5、6階部分の天守閣です!!!
信長の館1 
ドヤー!(`・ω・´)ドヤー!
5階は八角形で、金箔の壁で総朱漆塗りの床なのだよ!
で、釈迦説法図が描かれてます~
信長はただの無神論者じゃないのだね。

6階部分内。
信長の館2 
金ぴかなんだけど!!!!
ちなみに金の鯱も屋根に乗ってるのだよ~


そんなわけで、天守閣を堪能して安土観光終了。
本当はあと考古博物館も行きたかったんだけど、時間が無かったので断念><

自転車で急いで駅へ向かって、次の目的地へ!



次の目的地といっても、この日は観光自体は終了。
宿をとっているところまで向かいます。


県を、越えます!www
ゆき!
こんな雪景色を見つつ・・・
やってきました。
福井駅
福井県!
実際についたのは夜ですがw

駅近の宿について、ご飯食べて風呂入って寝ましたw
福井県観光は翌日です!

ちなみにお夕飯。
2日目夕食1
2日目夕食2
すき焼き上手かった!^q^

2日目長かったwww
ので、3日目はまた後日!!
書くのつかれたwwwwwww

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

14:58  |  史跡巡り  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

丹羽さん、できる男過ぎるw

いやー、歴女の行動力には驚かされます。なんか羨ましい。
私も忍城が近くにあって行きたいと思いながら一度も行ってません。見習いたいものです。
キツセー |  2012.03.21(水) 17:39 | URL |  【編集】

丹羽さんイケメンですなぁ。手筈良すぎてwこんな家臣欲しいわwww

そして見知らぬ丹羽さん間違えたおじさんすら惹きつけてしまう歴女パワーというか…きっと、りおさんの歴女パワーを感じ取ったんでしょうね、このおじさんはw
ヤマシ |  2012.03.22(木) 22:57 | URL |  【編集】

安土城らへんは小6の時に社会科の校外学習で行ったな~w
その時に「信長の館」も行った気がします。
原寸大で復元された安土城の5、6階部分の天守閣、を見た記憶があるので・・・!
子供心に「何これ、凄い!」って思ったのを今でもなんとなく覚えている・・・w
ブレイズ |  2012.03.26(月) 04:01 | URL |  【編集】

レスですー!

キツセーさん>>
ホントですよー!丹羽さんカッコいい(≧▽≦)

前々から、「自分も日本史に興味があったら色々行くのに・・・」と思ってたので・・・気軽に行けるところに史跡がある、と思ったらいてもたってもいられなくて(;´∀`)
いつか・・・と、思ってるとずっと行かない気がするので、思い立ったが吉日!と思うようにはしてますw


ヤマシさん>>
丹羽さんは現代にいたら凄く出世するタイプだと思います!
ただし、社長の器ではないw

いや~、ホント、なんだったんでしょうね、なんで声を掛けてくれたんですかねw
パワーが、あったんですかねwwww


ブレイズさん>>
おぉぉ!黄蓋楽就・・・ちがう!校外学習で行けるくらいの距離なのですね~うらやましい!w

子供のときに見ても、あれは凄い!と思うものですよね~(●´∀`●)
佐久間りお |  2012.03.27(火) 18:37 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://weilover.blog36.fc2.com/tb.php/406-db2b2927

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。