--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.10.02 (Wed)

丹羽さんの旅~第3陣~

SS小峰シロ希望!


と、戦友メッセージを設定したわけですが、多くの人にはわけわからん内容ですみません。

そんなわけで、
先日、行ってきました!!



丹羽さんの旅~第3陣~


今回は福島県に行ってきましたよ~~~!

福島県は、長秀さんに直接は関係ないのですが、丹羽家好き的には外せないのでずっと行きたかったのです!

では、時系列でざっくり、写真をいっぱい交えつつレポします!


行った場所
一日目:会津若松
二日目:二本松
三日目:白河

今回は、丹羽さんあんまり関係無いんですが、大河ドラマでも盛り上がっているし、会津若松も行ってきました。


てわけで、初日は会津若松城(鶴ヶ城)へ!


お昼ごろつくように出発。
私はいつも旅行行くときは、シーズンと土日を避けて行くのですが、今回はシーズンまっただ中の3連休に行ったため、新幹線めちゃコミwwww
こんなに混むもんなんだな~しらなかった。
おかげで立ち乗りでしたわw
でも、窓際に立てたので、だらーっと外を眺めながら行けて良かったですw


てわけで、駅に到着!
DSC01440 (500x375)
※画像はクリックで拡大☆

ちなみに、郡山から会津若松まではこんな電車でした↓
DSC01436 (500x375)
八重たんとあかべこ。


まず、飯。
会津の郷土料理の田楽を食べに行きました~
こんなお店!
DSC01445 (500x375)
こんにゃくだったりお芋だったり、色んな田楽を頂きました!
味噌にも色々種類があって美味しかった!
会津へ行った際は田楽屋に行くのをおすすめしますw

腹ごしらえしたら鶴ヶ城へ!
時間があんまり無いので急いでいくでー!


と、旅行の事を調べてる過程で、鶴ヶ城の近くに蒲生氏郷の墓があることを知ったので、よってきました。
DSC01449 (500x375)

DSC01453 (375x500)
お線香上げてきました~
鶴ヶ城には、氏郷も入っているのです。
というか、もともとは氏郷が作ったお城なんですね~。
昔は、自分の持ってる石高に見合った城を建てるのが普通だったので、
92万石を有していた氏郷も、かなり立派な、豪華なお城を築いたといいます。
天守も、もとは七重だったそうです。
後に地震で傾いてしまったので、現在の五重に縮小したのだとか。

この氏郷にあやかって?こんなお店もあったので思わず写真撮ってしまったww
DSC01446 (500x375)



墓参りを終えたらいよいよ鶴ヶ城!
この日は天気がとっても良くて、歩いてると熱いくらい!
でも時間ないからずんずん歩くよ!!


てわけで、鶴ヶ城ー!!
DSC01458 (500x375)
渾身の神々しい一枚を載っけておく!!!

鶴ヶ城は、鉄筋コンクリートで復元されてるからなのか?異様に綺麗なんだよな~
現在、赤瓦なんですが、赤瓦は気温の変化に強いんだそうです。
だから雪がよく降ったりする地方で使用されることがあるそうです。
この赤瓦も2011年に葺き替えられたらしくて、綺麗です。

わたし、この日のためにビデオにとって貯めこんでた八重の桜をすごい勢いで見まくってですね…
それでも全部見れてなかったのですが、八重が戊辰戦争で戦うところくらいまで見たので上等かなとw
天守の中の展示も、色々楽しめました。

いい時間になったので、この日の観光は終了。
本当は、茶室や日新館や飯盛山や武家屋敷や大河ドラマ館も行きたかったのですがwww
まる二日くらい使わないと全部行けませんわなwww

一日目の宿~
DSC01441 (500x375)
中々風情のある旅館です(●´∀`●)
この旅館、お料理を売りにしていて、
お夕飯はこんな↓
DSC01485 (500x375)
右上の方にある、とうもろこしの豆腐がやばかった…初めて食べる、不思議な豆腐。めっちゃうまかった…。
ちなみにこのあと、鮎の塩焼きと天ぷらとステーキも出てきたでw

女将さんたちがみんなめっちゃ面白い人たちで、お話とかしてくださって楽しかったですw



■二日目

あさめし!↓
DSC01492 (500x375)
メインは左上のめっぱめし!
鮭しらすでした~美味しかった!

二日目は二本松へいきます!
朝出て、二本松へつくのはお昼ごろです。
DSC01498 (500x375)
二本松は、前にこのブログでも書いた事があるんですが、江戸時代、代々丹羽家が藩主となったところです。
おにーそとーの記事参照
↑の記事見なおしたら、この夏に福島行くぞーって書いてあるわw

まず、二本松歴史資料館へ行ってまいりました!
中は撮影禁止なので写真は無いのですが…

ここで私はどーーーしても見たかったものが有りまして!
ていうか二本松へはそのために行ったというか!
それは、
「金花猫塗唐冠兜」っていう鎧兜なんですが、
これがなんと!長秀さんと長重くん(二代目)が着用したと伝わる兜なのですよ!!!!!!!
いやはや大興奮!
金花猫塗とか言うから、なんか可愛い感じなのかと思いきや、
確かに、耳を模した物が付いているんですが、
その前面にですね、獅子が取り付けられておりまして!
可愛いどころか怖いwwwwwwwww
これつけて戦場出てたらまじ鬼五郎左っすわ~間違いないっすわ~~~

ほんと、鼻息も荒くなりますよね、丹羽さんが身につけたとかね。
触りたい、触りたい、触れないけど。(*´Д`)ハァハァハァハァ

あと、信長様が長秀さんにあげたという采配と軍扇なんかもあってにやにやした。
今まで写真では見たことあった色んな絵画や、直違紋がついた調度品などなども見れて、ほんと幸せでした。

さて、歴史資料館を出たあとはいよいよ二本松城(霞ヶ城)へいきます!

霞ヶ城へは、若干の山登りですwww


道の途中に小学校があるのですが、校舎の横にこんなんあった。
DSC01506 (500x375)
明らかに直違紋wwwと、敬学の文字。
江戸時代、二本松藩に置かれた藩校の名前が「敬学館」だったので、そのことなんでしょう。

いやぁというかねぇ、二本松に居るとホント、色んな所が直違紋だらけで本当に幸せ。
直違紋を見るだけでこんなに幸せ!!!!病気!!!

霞ヶ城手前には、こんなのも有ります↓
DSC01507 (500x375)
見えないけど、石に文字が掘ってあります。
「戒石銘」といって、五代藩主、丹羽高寛公が藩士の戒めとして自然石に刻ませたものです。
こんなでっかい石、すっごいですねぇ。
ちなみに内容は、「武士の給料は民が汗水垂らして働いた賜物なのだから、民には感謝せよ。もしこれを忘れ民を虐げれば、天罰があろうぞ」てな感じです。


この戒石銘を過ぎるとすぐに霞ヶ城です!
DSC01510 (500x375)
二本松少年隊の像も建っております。

随所に見られる直違紋
DSC01516 (500x375)

霞ヶ城は自然でいっぱいです!
池も、霞池とるり池という2つの池があるし、滝もいっぱいあるんですよ~
とってもいい散歩コースですw
るり池↓
DSC01525 (500x375)
この日は残念ながら曇っていたのですが、晴れてていい季節なら、とっても綺麗な光景が見れるようです。

本丸跡への道のりに、少年隊の丘というのがあって、
顕彰碑やレリーフがあるのですが、そのレリーフにめっちゃしびれたので、パシャリしてしまいました。
DSC01538 (500x375)
かっこいい。
二本松少年隊は、殆どが12~13歳の子供たちなのですが、子供といえど二本松藩の男。
皆にそれぞれ武士の心と藩への忠義心がちゃんとあるわけです。
子供といえど、侮れません、かっこいいです。
今の人は、そんな子供まで出陣させて、と思うかもしれませんが、
そんな少年たちの熱い想いを子供と切り捨てるのでなく、汲みとった丹羽一学様たちの気持ちを、
現代の私達の視点ではなく、当時の風潮からしっかり見つめるべきなのではないでしょうか。

とかいきなり言ってもわけわかめですよねすみませんwwwwww
真面目に話し始めると尽きないのでやめますwww

あ、こんな怪しいきのこもありましたよw
DSC01535 (500x375)
これ、あかんやつやwwww

そんなわけで本丸跡!
DSC01544 (500x375)
本丸跡の周りには、色んな積み方の石垣があって面白いです。
DSC01548 (500x375)
天守台からは、二本松の街並みが一望できます。
こういうところに、城は建てられるのですね。

このへんで天気が怪しくなってきてさw
雨ふりそうだから急いで山を降って行ったら、途中から降ってきたー!
けど、近くに休憩所があったので、運良くそこに飛び込みましたw
しばらく休憩して、雨がやんだところで、次の目的地に出発!

次は、大隣寺というお寺にいきます!
大隣寺は丹羽家の菩提所です!
DSC01559 (500x375)
随所に見える直違紋パート2
DSC01565 (375x500)DSC01564 (500x375)

とりあえずお賽銭して、はじめに二本松少年隊のお墓があるのでお線香あげて、
本堂の裏手にある丹羽公のお墓へ
DSC01570 (500x375)

DSC01572 (375x500)
初代藩主光重公(長秀さんのお孫さん)から十代までのお墓が有ります。
とりあえず、光重公のお墓だけお線香あげました。(二代目以降様すみません。。

光重公も、地元では名君と伝わっていまして、
面白い逸話なんかも色々あるのですがwまぁ、割愛しますねw

「大隣寺」は、もともと長重くんが白河藩主である時に、長秀さんの菩提を弔うために白河に立てたのですが、
光重の時代に二本松へ転封となった際、大隣寺も二本松へ移されたのですね。
ちなみに、「大隣寺」の名前は、長秀さんの戒名からとったらしいです。
長秀さんの戒名は「総光寺殿大隣宗徳大居士」

丹羽好き以外にはどうでもいい情報ですみません!!!!!!!

帰りに、御朱印を頂いて、大隣寺を去りました(●´∀`●)
最近、寺神社巡りラーの中では、御朱印集めが流行っておりまして、
私は寺神社巡りラーでは無いのですがw行ったら記念に集めたいなぁと想いまして、
前回の奈良旅行の時から御朱印集め始めました!
やってないところもあるのですが、だいたい聞いたらくれるので、歴女歴男の方々も御朱印集めてみては~?
300円くらいで書いてくれます。
1つずつ、自分の為に綺麗な字で書いてくださるので、とても心に残りますよ!
御朱印って何?って方は こちら をどうぞ

二本松へは、あと一箇所、行きたいところがあったので、行ってきました!
大壇口古戦場です
DSC01573 (500x375)
木村銃太郎隊長らが出陣した、少年隊の一番の激戦地です。
隊長戦死の碑もあったので、お線香上げてきました。

大壇口古戦場から霞ヶ城を望む。
DSC01576 (500x375)
小さくですが、本丸の石垣が見えます。

色々想いを馳せると切なくなりますね…



さぁ、この日の観光はこれにて終了!
宿へ向かいます!

二日目の宿
DSC01582 (500x375)
実際宿についた時は真っ暗だったのでw写真は翌朝撮りました~
これまた旅館で、お風呂が自慢のお宿でした!
露天風呂が、すーごく気持ちよかったですw
虫の鳴き声を聞きながのんびり入れました。
長風呂したよ…私が入った後から二人入ってきたけど、二人共先に出て行ったわwww

てかね、三連休でしょ?旅行シーズンでしょ?
もう宿予約しようとした時は結構埋まっててさ/(^o^)\
そこそこお高い宿しか残ってなかったんだよねー/(^o^)\
今回の旅は宿代奮発したwwwww

お夕飯↓
DSC01579 (500x375)
鍋の中はお肉でした!


てなわけで二日目終了ー!
よーーし長くなってきたけど一気に書き上げてしまうぞ~~~~
書かないとずっと書かなそうだからな!!!
三日目は「続き」よりどうぞー!

【More・・・】


■三日目

あさめし!2↓
DSC01580 (500x375)
お鍋の中は目玉焼き~
ごはんおかわり、するよね~~w

三日目はのんびり出陣!
白河へ向かいます~
DSC01587 (500x375)

白河は長重くんが10万700石で最後にいたところです~
白河小峰城は長重くんが現在の形に大改修したので、長重くんが建てたと言っても過言ではありません。
白河小峰城というか、「現在の白河の街並みは長重くんが作った」と言ってもいいでしょう。

そんな白河小峰城
DSC01589 (500x375)
残念ならが、震災の影響で、石垣がかなり崩れてしまったようで、現在も復旧作業中です。
城の中には全然入れないのですが、白河集古苑と二の丸茶屋には入ることが出来ます。

白河集古苑では、企画展で「新島八重の生涯と白河」ってのがやってたので見てきました。
結構面白かった。手紙とか、色々。
八重さんって、昭和七年に88歳で亡くなってるんですね。
昭和なんですね。
私、普段仕事で大正生まれの方とかを相手にしてるんで、なんだかすんごく不思議な感じがしました。
なんだかやけに最近のことのような、全然、そんなに昔のことじゃないんだな~って思ってしまった。
すごいなぁ。

白河集古苑入り口で、小峰城復旧募金してたから、募金してきた!
みんな募金しよう!!!!!
復旧まじ頑張ってください!!!!!!!

展示を見た後は、茶屋でお茶!
DSC01603 (500x375)
入り口に立てられている旗…!
あれが、白河市のキャラクターの一人、桜花ちゃんです!!!可愛いんだぞ~~!!!

DSC01602 (500x375)
中でおみやげを買った後、白玉ぜんざいを注文!
めっちゃ美味しかった(●´ω`●)

さぁさぁ、ここで、ついに、白河市のキャラクターについてお話しましょう!
それが、冒頭で言った、
「小峰シロ」ちゃんです!
もういいや!公式サイトのリンク貼っとくから見てくれ!!!→ これ
白河市の公式萌えキャラだよ!!!
moe1グランプリとかってのに優勝したりしてるよ!
まじかわ!ずるい!www

昨今、ゆるキャラは全国にあふれているから、敢えて萌えキャラを推していくの、凄くいいと思うの。
まじ小峰シロちゃんたちを全力で応援するわ。
白河の観光名所にそれぞれ、小峰シロが変身したキャラクターがいるのですよ~
まぁ、公式サイト見てくれwwww

私も、自分へのおみやげで、缶バッチと蒸しドラ買ったったw
810781490.jpg
蒸しドラと箱↑
箱、絵のところ切り取ってちゃんととってあるからww


で、二の丸茶屋で御茶したところで、次の目的地、長重くんのお墓へいきます!
民家を抜けて、そこそこ狭い道を通って行くと、あります。
DSC01608 (500x375)
入り口が。
静かなところでした~

DSC01611 (500x375)

DSC01613 (375x500)
ここも、震災の影響か、いろいろ崩れていて工事中でしたが、無理矢理お線香上げてきました…
お花が綺麗だったので、定期的にあげる方がいらっしゃるのですね。
氏郷の墓や大隣寺でもそうでした。

はぁ、長重くんのお墓…
この、この、溢れ出る想いを!お分かり!いただけるでしょうか!!!!
涙モノですよ…この土の下に長重くんが居るのだと思うと…

大戦にはまだ長重くんは参戦してないので、大戦プレイヤーの皆さんはいまいちわからんと思うのですが…
長重くんはとっても面白い人物ですね、波瀾万丈な人生的な意味で。
人生や人物の面白さで言えば、長秀さんより面白いと思ってます。

長重くん、実は関ヶ原で西軍に与したということで、一回改易されるんですね。
でも、後に許されて、一万石の大名に復帰。
最終的に白河にて、10万700石の中堅大名にまで復帰するんです。
よく、関ヶ原で改易された大名の中で、復帰するのは立花宗茂ただ一人、と言われるのですが、
違うんです。丹羽も、復帰してるんです。
確かに、旧領に返り咲いたのは宗茂だけですが、丹羽も改易されても10万石まで復帰しているというのに、宗茂が唯一、とか言われるとカチンと来ますわ~
だから群雄伝の誾千代伝まじ許すまじ。

しかも、細かく調べたところによると、確証は無いですが、たぶん、家格としては、立花より丹羽の方が上なんすよ。
たぶんね。某資料の大名表記順的に言うとね。

長重くんは、本当に、凄くて、面白い人物です。
不器用なのに、その不器用さと律儀さと面倒見の良さが、周りを惹きつけるのですね~。
忠興、宗茂、政宗なんかとは、割りと仲良し(?)だったのですよw
ちなみに徳川二代目の秀忠さまとは義兄弟の仲なんですよw
更にちなみに言うと、前田の二代目の利長は大嫌いなんですよwwww
いやぁ妄想が捗りますわ~w

興味のある人は調べてみて~。
大戦で参戦したら、色々語り出すかもしれませんがw


長重くんのお墓の後は、
白河民俗資料館へ行ってきました~
小峰城の縄張り図とか、直違紋入りの瓦とか、店の看板とか、結構面白かったですw

資料館の後は、駅に戻って、駅のカフェで一服してw
新白河駅まで散歩がてら歩いて、
おみやげ買って、
中華料理屋で飯ってw
新幹線で東京へ帰りましたとさw



長かった…ここまでお付き合いくださった方いましたら、ありがとうございました!


福島は、というか、地方はみんなそうなんでしょうが、交通の便とアクセスが悪すぎてw
色々行くのを諦めた場所がありますね…
初日は、日新館とか、行けなかったし、
白河は、南湖公園と白河関跡も本当は行きたかった。
でも白河関跡とかね、公共交通機関を使うとバスしか無いんだけど、
バス、平日でも一日3本、土日祝日は2本しか無いからねwww
結構観光名所として推してるのにそりゃないぜ~~w

あと、棚倉も行きたかったんだ~~
棚倉城は長重くんが作ったお城だから!
棚倉観光もしたかったんだけど、バスも電車もアクセス悪すぎて諦めたww
まぁ福島は、白河小峰城が復旧したらまた行こうと思ってるんで、
その時にでもリベンジしたいと思います!



以上!
福島旅行レポでした~~!


次回は普通の大戦記事、書きます!
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

01:35  |  史跡巡り  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

夜に記事見たので、猛烈にご飯が食べたくなってきたw
旅行お疲れさまでした~。

戦友メッセージ理解
めっちゃ名所回ったんですねー、武将ゆかりの地というのも多いものなんですね。
ジョン |  2013.10.04(金) 23:45 | URL |  【編集】

レポおつです~!
画像多いと読むの楽しいです♪

旅館は風情があって良いですね~。
そして、食事の画像を見るとりおさんレポって感じがしますww
あ、美味しそうなきのこが・・・かはっ!?

萌えキャラわろたw可愛くて良いと思います☆

蒲生氏郷のお墓あるのですか!
氏郷は滋賀出身武将でカードもイケメンなので好きですね♪(そこかよっ
氏郷は若くして病没してますが、がんだったらしいです。
会津の方で伊達の抑えとして活躍して、病気がひどくなってからは京都で療養してたとか。
・・・と関係ない話ですいません><

また旅に行ったら、リプよろです、楽しみにしてます~☆
ブレイズ |  2013.10.08(火) 00:56 | URL |  【編集】

れす!

ジョンさん>>
たしかに、夜見たらアカンかもですww
結構まわってきました~まだ行きたりなかったですがw
そうですね~私自身、丹羽家だけで第3弾までやってますし、まだこれから増えそうなんで、
他の武将もゆかりの地とかいっぱいあると思います!


ブレイズさん>>
画像多いと重いかな~…と心配だったのですが、そう言っていただけてよかったです♪

ですね~畳がいい!って思ったので今回は旅館にしましたw
>食事の画像を見るとりおさんレポって感じがしますww
食いしん坊冥利に尽きます!!!!w
それ!そのきのこはアカンやつや!!w

可愛いですよね!あの商法はずるいと思いましたwww
でも可愛いからゆるす!!!

氏郷のお墓有りました!
まじですか…癌じゃぁしょうがないですね…
早く亡くなったのが悔やまれる武将ですよね。。彼が長生きだったら天下も変わっていたかも、とか言われるくらいですし。
京都で療養してたなら、もしかしたら京都の方にもお墓があったりするんですかね?
ちなみに、関ヶ原後の独眼竜の抑えとして、会津に置かれたのが加藤嘉明で、白河に置かれたのが丹羽長重だったりします!二人共堅実な人柄を見込まれたようです。
と、ちゃっかり長重を宣伝しておきますwww

また旅行行ったらブログ書きたいです~(●´∀`●)ノ
りお |  2013.10.08(火) 23:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://weilover.blog36.fc2.com/tb.php/449-4880354b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。