--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.02.04 (Sat)

張春華♪

昨日宣言してたプロフ画像がようやくできました~!
つ・・・つかれたーーー!!
今まで男→男と来てたんで、今度は女の子がいいなぁと思って張春華描きましたw女の子は皆素敵ですが、私の中で彼女はポイント高いです♪

張春華


*クリックで拡大* ↑元絵です

いやぁ・・・細かくて楽しかったけどしんどかった;
いろいろ力尽きてるところもありますが(´∀`;
自分でカード持ってないので画像を探してきて必死ににらめっこ。しかし間違いありまくりですな。
・・・今まで描いたプロフ画像、全部そのカードを持ってないときに描いてるわ・・・無い物ねだり?。・゚・(つ△T)・゚・。

張春華は夫の司馬懿とのエピソードが面白いですよね♪
夫のために侍女に根回しして殺害してみたり、夫にキレて断食してみたり。
カッコイイ!!
ここでちょっと史実知ってるからってでしゃばって彼らの事書くとですね(ウザw)、
あれでも(?)夫婦仲は良かったらしく、「今」現在彼らは二人っきりなんですよ~。
何でも司馬懿が死ぬ前に、「自分の遺体は春華と同じところに入れ、後の家族(子孫)は入れてくれるな」と言ったらしいですww
うわーっ司馬懿可愛いw(ぇ

そんな彼らが好きです♪


まぁ話は変わって、
明日は私が通えるゲーセンでいよいよ大会開かれるので、見学だけでもいってみよう~と思います。
今までずっと県内1位だった覇王の方が、いつもはそのゲーセンでやってたらしいのですが・・・
最近は姿を消しておりまして、ランキングにも見当たりません・・・。
引っ越されたのか大戦を卒業してしまったのか・・・どうなんでしょう;
もしかしたら県内1位を拝めるかもー♪とか期待してんですがorz
まぁとりあえず、自分より強い人の動かし方をみるのは勉強になると思うので、目をかっぴらいてみてこようと思います~。
大会ってどんなのかなぁ~♪人多いかな・・・。

大会後にできたらプレイしたいですw
馬謖入りデッキはまだ模索中。明日はいろいろ使うのは我慢して、デッキ二つに絞ってやろうかな・・・。

では~(^ω^)ノシ



+追記+
↑を描いた後、他の都道府県のランキングを眺めたところ、県外のところにその覇王の方がおられました。(同じ君主名の他の方でなければ)
大戦の卒業ではなかったようですw
スポンサーサイト

テーマ : 三国志大戦2 - ジャンル : ゲーム

23:08  |  ◎絵◎  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

Non Title

ちきしょぅ!ヽ(`Д´)ノどぅしたらそーゆー上手い塗り方とかできんだこんちきちーん!!!wwww
駄目ですw一向に色塗りスキルがアップしなぃリョーチョーです。上手いなぁ・・・いぃなぁ・・・つってても仕方なぃかwww背景もえぇしぃ~
ぼけー(遠い目
うはwそんな史実がwwあのカードイラストからはとても想像できなぃぉ・・・wwwなるほどwそれでこの張春香はかわぃぃんかww
佐久間さんも尊敬に値しますょ~なんで女性って皆絵がうまぃんだこんちきちーん!!www
リョーチョー |  2006.02.05(日) 00:13 | URL |  【編集】

Non Title

春華様素敵な色塗りじゃないですか~
え?私は絵なんて全く書けませんが何か(泣
原典は演儀しか知らないのでそのエピソードは知らなかったです。
えぇ、話や…(泣
店長 |  2006.02.05(日) 12:09 | URL |  【編集】

Non Title

またすばらしい絵が出来ましたね~^^
自分に無い才はうらやましいかぎりです。
その史実は初めて知りました。
司馬懿は張春香にぞっこんだったんですね^^
あの感じからはとても想像できないですね。
タカ |  2006.02.05(日) 20:40 | URL |  【編集】

Non Title

張春華素敵過ぎます・・!!
素晴らしい絵を見させて頂きました^^
司馬夫妻のお話は知らなかったです!
恐妻家というイメージだけが強かったので
司馬懿の可愛い一面を知ることができました☆
miki |  2006.02.05(日) 23:07 | URL |  【編集】

Non Title

リョーチョーさん>>
ぐはっ!は、背景は手抜きです・・・PCに頼ってこう・・・ちゃちゃっと貼り付けただけです(´Д`;)
(笑)ですよねー、あのイラストからは想像できない史実。あの台詞恐いですしね!!
ありがとうございますですー!w可愛いっていってくださると女の子描いた甲斐がありますww

店長さん>>
ありがとうございます~w
あんまり知られてない(と言うより興味のある人が少ないorz)エピソードだと思うので、特に演義派だと知らないかもしれませんね。
な、泣けますか!!?

タカさん>>
ありがとうございますです~。こんな事しかできないんですがww
ぞっこん・・・というより尻に敷かれて(ry
ですよね。あの二人からは想像できません^^;

mikiさん>>
ありがとうございますです~w
mikiさんのプロフ画像も素敵じゃないですかー!!w
(笑)恐妻家・・・ではあったと思いますw
実はお茶目(違)かもしれない彼を知っていただけて嬉しいですーww
佐久間りお |  2006.02.06(月) 01:35 | URL |  【編集】

ちょっと史実と違う所が…

張春華のエピソード、
残念ながら「全て創作」です。
それらの逸話は房玄齢という人が
唐という時代に新しく書いたもので、
張春華が載っている歴史書「晋書」は
信憑性が低い、
嘘が多く評判の悪い書物なのです。
司馬懿=恐妻家というのも当然、デマです。

家の中で起こった不祥事は秘密のはずなのに、
ずっと後の時代の歴史家が知っているのはおかしいです。
ですが創作なら辻褄が合います。徳川千姫と同じく後からイメージを作られたのです。

あと、司馬懿は「首陽山に葬れ」とは言いましたが、「妻と合葬してくれ」とは言っていません。
実際、司馬懿と張春華の墓は別々の場所にあります。
司馬懿は1人で墓に入っています。
そして首陽山は彼の主・曹丕の墓があるので、
忠臣として主君と同じ山に葬ってほしい、と
願っていたのです。妻ではありません。

つまり司馬懿夫妻が仲睦まじかったと証明出来る
歴史的根拠は何もありません。
二次創作ではどのような空想も自由ですし、
「相思相愛の夫妻」を空想してもいいのですが、
史実は必ずきちんと調べ、いい加減な情報を
広めてはいけません。

不快に思われたら申し訳ありませんが、
コメントをされた方々も誤解されたようなので
5年前の記事ながら
歴史好きとして指摘させて頂きました。
通りすがり |  2011.02.28(月) 01:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://weilover.blog36.fc2.com/tb.php/48-659c562b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。