--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.04.02 (Sun)

『ICB』 7th Album♪

結局呉大会は、昨日の2回挑戦したので終わりました・・・
今日も出陣したかったけど・・・天気が悪くてどしゃぶりーー、だったので行く気になれず。


ではでは、気を取り直してコラボの方行ってまいりますw

今回のお題はコチラ~↓

20060330002454.jpg


私の無い脳では1つしか思いつきませんでしたw
何とか間に合ってよかった・・・。
では!ドウゾー!!





その日は、よく晴れていました。
吹く風も柔らかく、暖かく、僅かに草木のいい香りが漂ってきます。

そう、そんな日は・・・


「花見日和だーーーー!!」

【More・・・】

春・・・。

それは始まりの季節。
外に飛び出して散歩をしたいという衝動に駆られた人々は、こぞってそれぞれの殿にお願いをしました。

「殿!今日こそ絶好の花見日和です!」
「是非、皆で外へ出ましょう!」
「日ごろの疲れを癒すことも大切ですぞ!!」

皆の気持ちもよく分かるし、自分も花見をしたいと思ったそれぞれの殿方たちは、

「よし、分かった。皆!花見の準備だっ!!」



* * * * * * * * * * * * * * * *


どうせ花見をするなら最高の場所で。
とは、誰でも思うことでしょう。

・・・というわけで、それぞれの国の殿方たちは最高の場所を探していました。
何人かの斥候の情報によると、1つの場所が浮かび上がってきました。(こんなところで斥候使っちゃいけません)

その場所には何十何百という桜の木があり、毎年一斉に咲く為、とても綺麗だという事です。

情報を頼りに、それぞれが出かけていきました。



が、その場所への道のりで事は起こりました。



堅「む、橋が落ちているな。この前の大雨で落ちてしまったのか・・・」
初めにその場所についたのは呉軍一行。
続いてすぐに、
操「なんだ?橋が無いではないか」
魏軍一行も到着。
その後、蜀軍一行、西涼軍一行も到着。
皆、同じ場所にいこうとしていたのです。
卓「貴様ら、何故ここにいる」
備「我らは花見をしようとここまで出向いてきたのです」
劉備の発言に、我らも同じだという事を頷きあいます。

20060330002454.jpg



操「おい、例の場所へ行くにはこの橋を通るしかないのか?」
曹操が情報を持ってきた本人に尋ねました。
やはり、桜満開の場所へ行くにはこの橋を通るしかないという事です。

その瞬間、何故だか彼ら殿方たちの間で火花が散りました。

先に向こうへ渡れたほうが勝ちだっ!!

そんな暗黙の了解ができ、それぞれがいかにして向こうへ渡るかというのを思案し始めました。



初めに動き出したのは西涼軍一行です。

「命を捨てて、橋と化せい!!」

董卓の一言により、都から連れられてきた可哀想な人たちが橋になろうとします。
人間橋です。こういうの↓(テキトウすぎ!)

20060402204815.gif


本当に捨て身です。

が、このような橋がきちんと向こう岸までできるわけも無く・・・
橋は崩れ去っていきました。
しかし、


卓「命を捨てて、~~~!!」
まだ懲りずに人間橋を作ろうとする董卓に、臣下からの止めが入りました。
「董卓様ぁぁ!!お止めください!!」
「これでは人が何人いても足りません!」

そこで口論やら何やらが始まったので、彼らが渡るにはまだまだ時間が掛かりそうです。



一方、こちらは呉軍一行。
皆でこの先へ行く方法を考えていました。
堅「うーん・・・どうしたものか・・・新たな橋を架けるしかないか」
策「親父!ここはやっぱり丸木橋ってのはどうだ?」
堅「丸木橋か、なるほど。よし!では早速作り始めよう!!」
呉軍一行は木を集め、せっせと丸木橋を作り始めました。



そして、こちらは蜀軍一行。
備「橋が無ければ渡れませんが・・・皆が気持ちよく楽しくその場所へ行けなければ意味が無いですね・・・」
徳を重んじる劉備ならではの意見です。
飛「でもやっぱり、綺麗な場所には行きてぇじゃねぇか。花を見ながらの酒・・・くぅーっ美味そうだなぁ」
張飛は結局お酒目的のようです。
羽「ならば、なにもあの場所へ行かなくても良いのでは?」
これまでの考えを打ち砕く関羽の意見に、皆首を傾げました。
羽「あの先にあるのは桜であろう?兄者、我らは桜ではなく、桃の元で花見をするのがあってるような気がしますぞ」
飛「なるほど!そりゃ良い考えだな!」
羽「あの場所よりは綺麗ではないかも知れぬが、そちらの方が確実なのでは?」
関羽の提案に皆が頷いているようです。
備「うむ、では私の実家、楼桑村へいって今度は皆と誓いを交わしましょう!」

「全てはこの時の為にー!」

劉備の声とともに、蜀軍一行はその場を立ち去りました。



こちらは魏軍一行。
会話はプチ軍議化していました。
操「向こうへ渡る方法は何かないか?」
嘉「渡る方法としては、新たに橋を架けるなどの方法しかないかと思いますが」
攸「しかし、しっかりした橋をきちんと架けようとすれば、今日一日でやるのは無理でしょうなぁ」
「確実に、かつ迅速に橋を架けなければなりませんね・・・」
発言はそれぞれで出ているものの、確かなものではなく、未だに明確な方法は出ていません。
チョ「投石器とかで何人かずつ飛ばすのはどうだぁ?ちょぉぉりゃぁぁぁぁ~~~!!」
惇「死ぬぞ?」
操「ん?待てよ?飛ばす・・・?とばす・・・」
殿が何かに思い当たったようです。
操「張遼、神速号令とかで助走をつけて走り、向こう岸まで飛べないか?そう、蒼天○路で孫権を追いかけたときみたいに」
遼「殿、メディアを混ぜるのはやめて下さい」
張遼が突っ込みを入れていますが、殿はあまり聞いていません。
操「張遼が神速号令を数人にかけて向こうまで飛ぶ、というのを何回も繰り返し・・・」
遼「我の身が持ちませんから」
淵「それにいくら号令をかけても途中で落ちてしまう人は多々いるでしょうし」
操「じゃぁW飛天の舞」
惇「もう諦めろ、孟徳」
懿「つまり、こちらとあちらに何も無いから、渡るのが困難なのだな」
宮「という事は、何かあれば渡るのが容易になるという事だな」
操「何か心当たりでもあるのか?」
宮「私らにお任せください」




丸木橋を作っていた呉軍一行。
しかし、ここで肝心な問題にぶち当たってしまいました。
「この橋を、どうやって架けるか・・・」
ということです。
普通にやって、あれだけの距離の先に架けられるわけがありません。
一同悩んでいると、数人が名乗り出ました。
泰「我らが何とかします!」
蓋「ワシらが漢の意地で橋を架けるぞ」
襲「そしたら殿たちは渡って下さい」
そんな捨て身の発言に、皆驚きます。
堅「そんなことはできん。誰かを犠牲にしてなど・・・」
権「そうだ!周泰がいなければつまらぬ・・・。それに、私の護衛は誰がするのだ!?」
泰「孫権様・・・!」
そう言って自分を心配してくれる主に、とても嬉しくなります。
堅「・・・無理に渡ろうとしたのがいけなかったのだな。すまんな、皆。ここでも良いか?」
策「丸木橋・・・作っちまったけど、まぁ筋トレ(?)の一種と思えば軽いぜ」
権「そうですね。父上、私もここで良いと思います。十分温かいですし、風も気持ち良い」

・・・そんなわけで、呉軍一行はその場で食べ物やらお酒やらを広げて盛り上がる事になりました。
素晴らしい人間愛ですっ!



操「何をするというんだ?」
魏軍一行に戻ります。
殿は、任せてくださいと言った陳宮らに興味津々です。
宮「殿、私がやることなど、1つしかありませんよ」
そう言って、陳宮は崖ギリギリに立ちました。
両脇には司馬懿、荀攸もいます。
もうお分かりですね?




「流されちまえ!」

「全てを流しされぃ!」

「運が無かったですね」

3人が同時に水計発動しました。
何処からとも無くダムのようなものが崩れ、水が押し寄せてきます。
あっという間に、前には大きな川ができました。

操「なるほど、水を流すとはよく考えたな」
惇「しかしこれじゃぁ流れが急すぎないか?」
宮「あとは彼らの出番です」

瑁「驚け~!」
寵「食らえ」
カク「慌てふためくがいい」
春華「おいたが過ぎたようだね」


連環系の技で川の流れをかなりゆっくりにしてしまいました。
操「よしっ!連環技の効果が切れる前に渡るぞ!」
こうして、魏軍一行は用意した小船なんかで一気に渡りきる事に成功したのでした。





が・・・。



操「・・・・・・なんだ、これは・・・・・・」

綺麗だと思っていた場所には、花など咲いていませんでした。
無残にも、たくさんの花びらが地面に散っています。
勿論、その花びらも地面に落ちてしまっているため、綺麗ではありません。
操「こんなに一気に散るわけが無かろう!散るにしてもまだ時期が早い!!」
殿が斥候に掴みかからんばかりに言います。
「・・・そういえば・・・橋が壊れた原因って何でしたっけ・・・;」
荀が今更のように呟きます。
攸「この前の大雨、でしたなぁ」
それに荀攸が答えるようにのんびり呟きます。
惇「・・・花も散るわけだな」
操「くそっ!今までの時間はなんだったんだーーー!!」

結局魏軍一行は気持ち萎え萎えなので、そのまま素直に自国に戻りましたとさ。






結局、一番花見という目的を達成できたのは蜀軍一行なのでした。

備「徳の力を思い知れ!」






チャンチャン。




お粗末さまでした・・・。
長々とここまで目を通していただき、ありがとうございました。
董卓にどうしても「命を捨てて、橋と化せい!」といわせたかったです。(何故?
でも可哀想な役回りになってしまいました・・・ごめんね、董卓さん。

さて、これから皆さんのところへも覗いますw
コメントは遅くなると思いますが、残していきたいと思ってるのでご容赦を。・・・春休みだからなるべく頑張ろう。
それから、いつもですが、未リンクの方は勝手にリンク貼らせて頂きました~!もし宜しければ相互お願いしたいな~・・・なんて思ったり。

以下は参加者様リンクです。

発案者様!
遼!来来!!超!来来!!
リョーチョーさん

同士様~
三国志大戦下克上ブログ
むつーさん

千里眼軍「蹴散らせ」三国志大戦ブログ
千里眼さん

銀河の三国志大戦ver1.10(一本いっとく?)
銀河さん

響輝軍参戦~三国志大戦~
TOM9さん

三国志大戦・覇王の大徳♪
冬弥さん

兎に角書いてみる
保坂さん

まぁ適当な三国志日記
人形操師さん

見習い軍師の雑記。
アスナさん

水月日記
水月さん

Hit the beat! Keep your beat!!
龍之介さん

晃の三国志大戦日記 ~力を見せよ~
晃さん

たまごだっていいじゃない?
真音さん

適当の軌跡
獅子天さん

自己満足のための日記 ~三国志大戦~
DaoFooさん

三国志大戦 ラフォリア
ユーゴーさん

桃園の誓い
レイさん

速きこと風の如し ~三国志大戦ブログ~
キラさん

烈死のマッタリ三国志大戦
烈死さん

別冊観賞魚と書物の日々 五絶三国志
神行百変さん
スポンサーサイト

テーマ : 三国志大戦 - ジャンル : ゲーム

23:54  |  コラボ♪  |  トラックバック(0)  |  コメント(20)

Comment

董卓ひどぃ・・・

「命を捨てて、橋と化せい!!」
たとえ、人間橋が出来たとしても「董卓」の重さには耐えれそうにないですね(^^;
華雄と呂布なら背も高いし、丈夫そうかな??まぁ、彼らを踏んで渡る勇気のある武将が西涼軍にいるかどうかですが・・・(w
「魏」軍の方々、頭良いですねー。仕切った人が良いんでしょうね~w
そんでもって、帰りも同じことをしたんですよね?「ご苦労様です・・・」
荀平 |  2006.04.03(月) 02:35 | URL |  【編集】

相互リンクOKです。^^
董卓はデブだから、支えきれませんwww
魏軍の人たち・・・連環とは恐れ入りましたwww
で、蜀の人は桃園へGoですかww

楽しく読ませてもらいました。
冬弥 |  2006.04.03(月) 19:04 | URL |  【編集】

はじめまして

 ICB更新お疲れ様です。
 「命を捨てて、橋と化せい!!」は、重量級が多い董卓軍では厳しそうですね!董卓とか呂布とか華雄とか・・・。
 曹操軍は賢いけど・・・一番損してる!今日の大戦で試しに入れた蔡瑁が「愚か者め、消えよーー!!」を無効化したりと大活躍したのでちょっとタイムリーでした。

 あ、後相互リンク全然OKです!後ほど追加しておきます。
神行百変 |  2006.04.03(月) 22:20 | URL |  【編集】

ICBお疲れ様でした~

「命を捨てて、橋と化せい!!」
上手い!座布団一枚!!
いや、三枚ぐらい座布団が必要ですよ!


いやぁ、それにしても各勢力ごとに個性ある対応が面白かったです(^^
徳の力の蜀、人間愛の呉、非人道的な西涼、そしてプチ軍議が始まってしまう魏w

個人的には蒼天○路のように駆ける張遼が見てみたかったなぁと思ってたりします(^^
あ、それなら孫権も飛んで行けそうですねw


それと、是非ともこちらからもリンクさせていただきます。
どうぞヨロシクお願いしますm(_ _)m
晃 |  2006.04.04(火) 00:02 | URL |  【編集】

人間橋の図説に吹きましたwwぷるぷるしてるww
いやぁ、お見事です。すごく和みましたよ?
さすが劉備!!お前が一番だよな!!(←R劉備好き)
呉軍も・・・どっちかっていうとハッピーエンド。

花見だけで軍議を開く魏軍に乾杯ww
そして川を作るという考えには驚きました。
次も楽しみにしてます
むつー |  2006.04.04(火) 00:29 | URL |  【編集】

はじめましてー

ICBのご挨拶回りに来ました。

董卓の体格では人間橋も落ちてしまうメルヘン。
いや、人間橋が完成しなくて、董卓が落ちなくて本当に良かった。
DaoFoo |  2006.04.04(火) 00:30 | URL |  【編集】

なるほど~

水を流して連環系で遅くして渡る・・・
なるほど~、これは個性が出ていいと思いますよ。
自分は・・・鳥になって渡るとか・・・意味不明になってしまいましたがorz
あと書き方がうまいですね~、色々参考になります。
とにかくICBお疲れ様でした。
千里眼 |  2006.04.04(火) 01:36 | URL |  【編集】

遅くなりましたが、こんにちはv
ICBお疲れさまでした。

「命を捨てて、橋と化せい!」笑わせて頂きましたw
各国の特色が出た橋の渡り方、面白かったです。
特に魏軍の会議調が大好きです(笑)
話もまとまっていて、読みやすかったですv

リンク有難うございましたv
後ほどこちらからも貼らせて頂きますので、よろしくお願いしますv
アスナ |  2006.04.04(火) 16:57 | URL |  【編集】

ICBお疲れ様でした。
魏の渡り方なんて誰が想像しましょうかww
連環の新しい使い方を見させてもらいましたw
これで水計も怖くない?!(マテw
董卓は・・・まぁあんな感じでしょうねぇww
全体的に上手く書けていたと思いますよ。
銀河 |  2006.04.04(火) 20:34 | URL |  【編集】

レスです~

荀平さん>>
確かに・・・!橋できても渡るのは無理そうですね~。呂布と華雄の橋・・・上に乗った瞬間食われそうですねっ(ぇ
はい、魏軍の皆はきっと帰りも同じ事をしたんです。あっ!反計しちゃぁダメですよww(違っw

冬弥さん>>
相互了承ありがとうございますwよろしくお願いします。
ですね~、絶対董卓は支えきれそうにないですねw
速度遅くするには連環しかねぇ!と思ってあれになりました~。
蜀、というよりR劉備さん=桃園ですからww

神行百変さん>>
そういえばそうですね!董卓軍は重い人多かったですね~。かなり董卓さんは無謀な事をしてますw
曹操軍は・・・一番可哀想でした~^^;
あ!蔡瑁使われたんですかww私も以前蔡瑁入れたときに、呂姫止めてくれたんで助かった事があります。タイムリーでよかったです♪
相互リンクありがとうございます!よろしくお願いします。

晃さん>>
わぁwwやった!座布団3枚ゲットだぜ!!(ぇ
勢力ごとの対応良かったですか~?そう言っていただけると嬉しいですww
そうですね!張遼が跳べるってことは孫権も跳べちゃいますね。きっとそれをやるだけで周りで盛り上がれそうですw
相互リンクありがとうございます!よろしくお願いします。

むつーさん>>
わっwそこに突っ込んでくれる人を密かに待ってましたwww
ぷるぷるしてるのはかなりポイントです!!
和みましたか!?良かったです~♪
(笑)今回のシメはR劉備さんが持っていきました~w徳の力って素敵ですね!!
呉軍もハッピーエンドで・・・一番可哀想なのは魏軍でした。軍議まで開いたのにねw
崖をどうやって渡るかは、かなり無い頭をひねりました~^^;
佐久間りお |  2006.04.04(火) 21:41 | URL |  【編集】

お疲れ様でした☆

イラストがすごくいい味出してます。
お話もおもしろかったですよ。
策の筋トレには笑ってしまいました。

魏に幸あれ!
真音 |  2006.04.04(火) 21:52 | URL |  【編集】

続・レスレス~

DaoFooさん>>
(笑)メルヘンですねww
董卓さんが落ちたらいろいろ大変そうですからね~・・・落とさなくて良かったですw

千里眼さん>>
個性出てますかwなんだか変な方向への個性が出てしまいました~ww
千里眼さんのあの鳥になって渡る方法も個人的に好きですよw
いえいえ~;こんなものは参考にしないで下さいな~^^

アスナさん>>
笑いを取れましたか!?嬉しいです~ww
私も実はプチ軍議が書いてて一番楽しかったりしますwww
リンクありがとうございます!よろしくお願いします。

銀河さん>>
あの渡り方は無い頭ひねった甲斐ありました~ww
そうですね!水計使われる前に連環使っとけば、水計をよけれたりしてww(無い無い
(笑)やっぱ董卓はあんな役柄ですかね^^;
佐久間りお |  2006.04.04(火) 22:00 | URL |  【編集】

時間差できてしまった~;;続々レスです!

真音さん>>
あの絵良かったですかww
筋トレで笑いを取れましたか!?嬉しいです~ww策はいつもそんなことしか考えてないに違いない!
魏・・・次こそは幸せになれたら良いね!!(他人事?
佐久間りお |  2006.04.04(火) 22:04 | URL |  【編集】

ICB

どうもユーゴーです。ICBお疲れ様でした。
個人的には呉には大きい橋も小さい橋もあるので、
周ユの音楽で楽しくダンスしてそうな気がしないでもないですが・・・・
だけど劉備たちの桃の花見が一番面白そうかな。
だけど酒乱はかんべんな。
ユーゴー |  2006.04.04(火) 22:23 | URL |  【編集】

お疲れ様でした

お疲れ様でした。

「命を捨てて橋となれい!」
「ふんばれ!」
とか…思いついてしまった龍之介です(汗
…毒がありますね(汗
ちょっと西涼行って、毒抜きしてきますw

魏は…そういう国ですw
花見に混ざるなら、蜀か呉に行きますがw
龍之介 |  2006.04.04(火) 23:56 | URL |  【編集】

初めまして&ICBお疲れ様です
「命を捨てて、橋と化せい!!」面白かったです(笑
でも仮に立派な人橋が出来ても董卓じゃあ重すぎて渡れない・・・

それとリンク貼ってもらっているので、
MYブログにもリンク貼っていいですか?
レイ |  2006.04.05(水) 02:36 | URL |  【編集】

レスッ!

ユーゴーさん>>
(笑)確かに!それは凄く楽しそうですね♪
酒乱は・・・孫権ですね;;その呉の花見に酒乱が混ざったらてに追えなさそうですね(´Д`;)

龍之介さん>>
なるほどっ!ふんばれ使えば動かなくてすむ・・・というか動けないww橋になる人は大変です;;
花見に混ざるなら蜀が良さそうですよ。呉には酒乱がいますからね~。

レイさん>>
初めまして。
面白かったですか~?嬉しいですww
はい!リンク大歓迎です!
ありがとうございますwよろしくお願いします。
佐久間りお |  2006.04.06(木) 00:05 | URL |  【編集】

人間橋最高!!
もうこれだけで大爆笑ですwww

あれだけの計略を一気に使ったということは、卞皇后と王異は後ろで必死に踊っていたんでしょうね
ここは計略を使えなかったあの人に変わって「ご苦労様です」
TOM9 |  2006.04.08(土) 01:25 | URL |  【編集】

だぁ~

ICBお疲れ様です、遅れてゴメンにょ:;
そ、そぅか・・またもや季節感を無視してたorz
毎度佐久間さんナイスですっ!!(落ち武者風に(マテ
蒼天風に飛ぶ、むむ・・そのネタも生かしきれてるとはww
蜀だけでなく呉もいぃ花見?とはならなぃけど遠足気分の休息ができたのではなぃでしょぅか?^^
やはり人徳愛ですね♪人材のみを重視した魏や董卓のとことは大違いでほのぼのできますね♪
でも崖の渡り方、考えましたね、確かに若干被ったけどこっちは完璧に渡ってませんので^^;
リョーチョー |  2006.04.08(土) 23:33 | URL |  【編集】

レスです~

TOM9さん>>
最高ですか!?やたww大爆笑取れて嬉しいです!!
そうですね~・・・きっとW舞くらいやらないと士気追いつきませんね^^;
(笑)ホント、ご苦労さまですw

リョーチョーさん>>
いえいえw季節感とか考えるとネタもそんなに多くは出にくくなりそうですから良いと思いますよ~^^
私は・・・季節ネタに頼りすぎ感が・・・;(アイター
いやいやw活かしきれてませんよ、蒼天ネタww張遼断固反対してますしw
やっぱ徳の力ですね!桃園の下でわいわいやってる彼らが思い浮かびます~w
崖の渡り方は、無い頭ひねりましたww
佐久間りお |  2006.04.09(日) 01:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://weilover.blog36.fc2.com/tb.php/78-2d50e13f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。